🎐 5000円以上のご購入で夏ガチャを1本プレゼント(8/31まで)🎐
香水スタイリストが解説!ラルチザン パフュームの魅力と人気アイテム10選をご紹介! – セレス

香水スタイリストが解説!ラルチザン パフュームの魅力と人気アイテム10選をご紹介!

独特の世界を表現する香水ブランドとして有名な「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」。
香水好きの間では必ず話題に上る香水ブランドのひとつです。
800種以上の香水を扱う香水の通販ショップCelesでも大変好評のブランドで、在庫を豊富に取り揃えています。

「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」の香水を0円から試す >>>

 

今回は、「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」の香水が人気の秘密と、プロのフレグランススタイリストが厳選したおすすめ香水10選をご紹介します。

 

 

「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」の特徴と魅力

「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」について、どんな世界観で作られているのか、どんな特徴を持つのか、その魅力と人気の秘密を見ていきましょう!

 

歴史

「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」は、1976年に天才調香師ジャン・ラボルトがパリで創業したフレグランスメゾン。
友人の依頼でパーティ用の香水を作ったことがきっかけとなり、天然香料を使った独創的な調香に目覚めたのがブランドのはじまりなのだとか。
ジャン氏の作り出す香りの数々は「世界で最も独創的で型破り」と話題となり、フランス語で“香りの職人”=「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」と呼ばれるようになりました。
高級フレグランスメゾンの先駆者とも言われ、現在もフレグランスメゾンの上位ブランドとして君臨し続けています。

 

自然・植物の香りが際立った香りが得意

創始者が自然香料にこだわって作り上げてきたブランドとあって、まるで自然の中にいるような気分になれる香りが特徴です。
植物そのものの個性が際立つアイテムが多いため、日常でアロマやハーブに親しみがある方にも一見の価値がある香水が勢ぞろいしています。

 

 

香水の種類

「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」のラインナップのほとんどはオードトワレです。
ですが、「シャッセ オ パピオン」「ローダンブル」「ミュール エ ムスク」「プルミエ フィグエ」といった人気香水は、「エクストリーム」という名でオードパルファンも用意されています。
香りの強さや持続性のお好みで選ぶのがおすすめです。
また、「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」では新しく「オーデコロン」の新シリーズも展開中。
オーデコロン各種は、透明感あふれるフレッシュで親しみやすい花々とベリーの香りが中心なので、どれも使いやすいラインナップとなっています。

 

Celesでは「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」の香水を数多く取り扱いしております。
量り売りでお好きな容量からお買い求めいただけるので、様々な香りを楽しみたい方に大好評!

「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」の量り売りはこちらから!Myセレクト>>>

 

 

「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」好きなら!「Diptyque(ディプティック)」も要チェック

「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」には、「Diptyque(ディプティック)」の香水も手掛けるフリーランスの調香師、オリヴィア・ジャコベッティ氏が在籍しています。
オリヴィア・ジャコベッティ氏は、「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」の人気パフュームであるイチジク香る「プルミエ フィグエ」を生み出し、「Diptyque(ディプティック)」では人気の「フィロシコス」(同じくイチジクベース)「オフレジア」「オポネ」などの香水を送り出しています。
「Diptyque(ディプティック)」にも目を向けてみると、お気に入りの香水の幅が広がるかもしれません。

「Diptyque(ディプティック)」の量り売りはこちらから! Myセレクト>>>

 

 

プロの香水スタイリスト厳選! 「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」おすすめ香水10選

「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」の香水といえばコレ!
Celesに所属する、日本フレグランス教会の刺客を持つフレグランススタイリストがおすすめ香水10選をご紹介します。

L’artisan Parfumeur – Tea for Two
(ラルチザンパフューム – ティー フォー ツー)

紅茶の中でも特徴的な香りを持つ「ラプサンスーチョン」という紅茶をモチーフにした香り。
松の薪を使ったいぶし製法が特徴的で、スモーキーでスパイシー。
ダージリンのようなフルーティな紅茶というよりも、タバコ感じるスモークさとスパイシーのあるインド料理店のような紅茶が近いかも?
紅茶好きの方にはぜひ試してほしい香りです。

L’artisan Parfumeur – Tea for Two(ラルチザンパフューム – ティー フォー ツー)を0円から試す→

 

・・・

L’artisan Parfumeur – Histoire D’orangers
(ラルチザンパフューム – イストワール ド オランジェ)

もともとは夏限定の香りだったものの、高い人気から数量限定で販売されたことで話題になったフレグランス。
調香師マリー・サラマーニュ氏が、ある夏に訪れたモロッコ・スース渓谷への旅からインスパイアされたフレグランス。
オレンジブロッサムのピュアで気品あふれる香りに、みずみずしい花びらを散りばめた印象的なホワイトティーが溶け合い、軽やかに香り立ちます。

L’artisan Parfumeur – Histoire D’orangers(ラルチザンパフューム – イストワール ド オランジェ)を0円から試す→

 

・・・

L’artisan Parfumeur – Mandarina Corsica
(ラルチザンパフューム – マンダリナ コルシカ)

燦燦と降り注ぐ太陽の下で育ったコルシカ島のマンダリンの砂糖漬けと、新鮮で酸っぱいビターオレンジの組み合わせ。
ジューシーで蜜が垂れそうなほどディープなオレンジにより、甘さの中に柑橘の苦味もあるおいしい香りを両立させています。
コルシカ島で自生するメープルのような甘い香りを放つイモーテルがキャラメルと混ざり、ラストのトンカビーンによって、2種類のオレンジとともにオランジェットを彷彿とさせる独特のグルマンに仕上がっています。

L’artisan Parfumeur – Mandarina Corsica(ラルチザンパフューム – マンダリナ コルシカ)を0円から試す→

 

・・・

L’artisan Parfumeur – Premier Figuier
(ラルチザンパフューム – プルミエ フィグエ)

イチジクをテーマに作られた香水。
トップノートはイチジクの葉の青みがかった香りから、ジューシーさあふれるフルーティな果実の香りへ。
アーモンドミルクやサンダルウッドがまろやかに香り、ミルキーな甘美さも感じさせます。
トロピカル・バカンスのイメージにピッタリの香水です。

L’artisan Parfumeur – Premier Figuier(ラルチザンパフューム – プルミエ フィグエ)を0円から試す→

 

・・・

 

L’artisan Parfumeur – Mure et Musc Extreme
(ラルチザンパフューム – ミュール エ ムスク エクストリーム)

1978年の販売以降、ブランドを代表する香水のひとつ。
ブラックベリーとムスクにカシスがブレンドされていて、ムスクがベリーをまといながらフルーティに香ります。
フレッシュなブラックベリーが熟しはじめ、濃厚な香りを放ち、ムスクのような温かみを帯びたような香りに。
香りの変化の幅が大きく、トップからラストまで存分に楽しめます。
高級感あるモードで都会的な印象やスーツスタイルにマッチする香りです。

L’artisan Parfumeur – Mure et Musc Extreme(ラルチザンパフューム – ミュール エ ムスク エクストリーム)を0円から試す→

 

・・・

 

L’artisan Parfumeur – Passage D`enfer
(ラルチザンパフューム – パッサージュ ダンフェ)

パッサージュ ダンフェ (=地獄通り)という名は、1970年代にブランド本社があった通りの名称へのオマージュ。
シダーウッド、インセンス(お香)が織り成す穏やかで神秘的な空間にユリの花々が飾られたような、静寂かつ穏やかなヨーロッパの教会を彷彿とさせるウッディフローラルです。

L’artisan Parfumeur – Passage D`enfer(ラルチザンパフューム – パッサージュ ダンフェ)を0円から試す→

 

・・・

 

L’artisan Parfumeur – L’eau D’ambre Extreme
(ラルチザンパフューム – アンバー エクストリーム)

エルメスの元専属調香師ジャン=クロード・エレナ氏により調香された、アラビアンナイトにインスパイアされたオリエンタルスパイシー。
スパイスの洗礼に究極のアンバー。
異国的でありつつ、どこか懐かしい感覚を呼び起こすオリエンタルスパイシーです。

L’artisan Parfumeur – L’eau D’ambre Extreme(ラルチザンパフューム – アンバー エクストリーム)を0円から試す→

 

・・・

 

L’artisan Parfumeur – Méchant Loup
(ラルチザンパフューム – メシャン ルー)

グリム童話の「赤ずきん」の世界観にインスパイアされた、フランス語で「いじわるオオカミ」を意味するフレグランス。
雨上がりの深緑の森のグリーンに、リコリスとペッパーが絡み合うオープニング。
香ばしいヘーゼルナッツに優しいハニーの甘さが全体を包み込む、不思議なウッディグルマン。

L’artisan Parfumeur – Méchant Loup(ラルチザンパフューム – メシャン ルー)を0円から試す→

 

・・・

L’artisan Parfumeur – Nuit de Tubereuse
(ラルチザンパフューム – ニュイ ド チュベルーズ)

センシュアルで華麗なパリの夜をイメージした香り。
特徴的なのはピンクペッパーやクローブなど神秘的なスパイスと重なるチュベローズ。
大胆な挑戦状を突き出すようにスモーキーに香り立つ、魔性のフレグランスです。

L’artisan Parfumeur – Nuit de Tubereuse(ラルチザンパフューム – ニュイ ド チュベルーズ)を0円から試す→

 

・・・

 

L’artisan Parfumeur – Fou D`Absinthe
(ラルチザンパフューム – フー アブサン)

芸術家を虜にし、その人生までも翻弄したアブサンをモチーフにしたフレグランス。
冷たいのにあたたかく、スパイシーなのにソフトと、捉えどころのない魅力で惹きつける香り。
強い薬草や香草をベースに底知れぬ魔力を閉じ込めたスリリングなウッディアロマ。

L’artisan Parfumeur – Fou D`Absinthe(ラルチザンパフューム – フー アブサン)を0円から試す→

 

 

「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」の店舗情報

規模の大きい店舗であれば、表参道本店のほかにも「銀座三越」・「新宿伊勢丹店」「東急百貨店渋谷本店」などのフレグランスコーナー、新宿銀座の「バーニーズニューヨーク」、丸の内の「オペーク」などのショップで取り扱いがあります。
とはいっても、「遠方で店舗に足を運ぶのが大変……」「店員さんの目が気になってしまって、香水ショップは苦手……」という方も少なくないはず。
そんなときには、ぜひネット香水専門店Celesをご活用くださいませ。

 

 

「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」の香水のお試し・量り売りならCeles!

「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」の香水が気になるけど……高額だからこそ、まずはじっくり試してみたい!
そんなときには、ネット香水専門店Celesでお試し!
お好きな香水をお好きな容量でお得にお買い求めいただけます。
「L’artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)」の香水をはじめ、メゾンフレグランスも豊富に取り扱っていますので、ぜひ大充実のラインナップをご確認ください!

 

banner myselect

すべての検索結果