飛行機に香水は持ち込める?大切な香水を没収されないためのルール

「お気に入りの香水を旅行先にも持っていきたいけど、持ち込み制限があるし…没収されたら困るなぁ…」

香水を飛行機の中に持ち込むには、国際線・国内線どちらの場合も、手荷物に入れるか、預け入れ荷物に入れることになります。

ただし、持ち込める量と方法に制限があるため注意が必要!

詳しく見ていくことにしましょう!

 

飛行機の機内持ち込みはできる?

テロへの警戒など、安全対策から機内への液体物の持ち込みはとても厳しくなっています。

「香水を没収されないか心配…」と不安な方も多いですよね。

ご安心ください。

定められたルールを守って機内持ち込み・預け荷物に入れれば没収される心配はありません。

国内・海外旅行先でも、お気に入りの香水を使用できますよ♪

 

国際線・国内線によって違う!香水の機内持ち込みルール

空港内

国際線・国内線によって化粧品として持ち込める量や、持ち込み方法のルールに違いがあります。

それぞれ詳しく見ていくことにしましょう!

 

国際線の飛行機に香水を持ち込む場合

機内持ち込み: 1容器あたり100mlまで、全てを総量1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック袋に収納する
預け入れ :制限無

袋に収納しきれない場合は、持ち込むことができません。

機内に持ち込む場合、「1容器あたり最大100mlまで。

ハンドクリーム、ファンデ、リップなどすべての液体物を総量1リットル以下のチャック閉じのできる透明プラスチック袋にまとめて入れる」ことが条件になります。

入りきらないのであれば、どれか化粧品を諦めるか、暈の多い香水を諦めるかの選択になります。

ほとんどの香水は100ml以上の容器に入っています。

となるとボトルのままでは規定量を超えるため、ミニ香水や持ち運びに便利なアトマイザーに移し替えたものでないと機内持ち込みは厳しいです。

一方、大きなキャリーバックなど預け入れバッグには、化粧品の持ち込み制限がありません。

ただ、瓶ものが多い香水は輸送中に割れてしまう可能性があります。

預け入れのスーツケースはしばしば雑に扱われることが多いため、香水をタオルや梱包材でしっかりと保護し、洋服をクッションのようにして収納するなど工夫が必要です。

万が一液漏れしてしまう可能性も考えて、ビニール袋に入れておくと安心ですよ。

 

国内線の飛行機に香水を持ち込む場合

機内持ち込み:1容器あたり0.5Lまたは0.5kg
預け入れ:1人あたり計2Lまたは2kgまで

国際線の場合は、国内線よりもルールが緩めで、機内持込であれば500mlまでの持ち込みが可能です。

香水は1瓶30~100ml程度なので、とくに対策することなく機内に香水を持ち込んでも問題にはなりません。

預け入れの場合は2ℓまで可能なので、お土産など、必要であれば何本でも香水を持っていけます。

国内線では没収を心配はほとんどありません。

香水が瓶に入っている場合、移動中に割れてしまう可能性もあります。

国内線に関しては手荷物に入るのであれば手荷物・機内持ち込みが一番安全です。

 

免税店で購入した場合はどうなるの?

空港免税店

セキュリティーチェックを受けた後の保安エリア内にある免税店で香水を購入した場合、持ち込み制限の対象外になります。

国際線ではアウトな100mlを超える容器に入っていても持ち込みが可能です。

ただし!乗り継ぎ予定の方は要注意。

乗り継ぎの際に保安検査があり、乗り継ぎ前の免税店で購入した香水を没収されることもあるんです。

開封すらしていない香水を没収されるなんてことは、なんとしても避けたいものです。

そこで知っておいて頂きたいのが「STEBs(不正開封防止袋)」です。

密閉された袋にレシートとともに入れてもらうことを条件に、保安検査を通過が許されます。

ただし、空港によっては「STEBs(不正開封防止袋)」を取り入れていないところもあるので少々厄介です。

乗り継ぎの空港でも採用されているのか・認められているのかを購入時に免税店のスタッフに聞いてみることをおすすめします。

また、1度でも開封してしまうと効力を失うので乗り継ぎ地点での保安検査を通過するまでは開封しないでください。

STEBs(不正開封防止袋)対応国一覧

 

購入した香水の没収リスクを下げたいのであれば

  1. 最終乗り継ぎ空港で香水を買う
  2. どうしても出発国で買いたい場合は、免税店のスタッフに問い合わせてから買う
  3. などの対策をしていきましょう。

 

香水をたくさん日本に持ち帰る場合「免税範囲」に注意

計算

シャネル・ブルガリ・ゲランなどのハイフランド香水は、海外だと日本よりも安く買えることが多く「旅行の際にまとめて購入したい」と考える方も多いはず。

自分や友人へのお土産として購入した香水を日本に持ち帰ることはもちろん可能です。

1点気を付けて欲しいのは「免税範囲」。

「免税範囲」を超えていると、購入額に応じて日本で税金を納めないといけません。

海外で買った香水を免税の範囲で持ち込むには、香水の中の王様、もっとも高級で香の強い「パルファム(Parfum)2オンス(約56ml)」までとなっています。

その他の一般的なオー・ド・パルファム(Eau de Parfum)・オー・ド・トワレ(Eau de Toilette)・オー・デ・コロン(Eau de Cologne)の場合は、量に関係なく免税範囲で、申告の必要もありません。

念のために搭乗前に購入した香水の種類を確認しておくと安心です。

ただし入国の際に『携帯品・別送品申告書』という書類を提出する必要があるので、機内のフライトアテンダントに書類をもらい機内で必要事項を埋めてから入国審査を受けるとスムーズです。

 

機内で香水を使っても良いの?

機内の様子

機内に持ち込んだ香水は、自由に使って問題ありません。

ですが、機内は密閉空間で香りも非常に回り

やすいため、たくさん香水をつけるのは周りの乗客にとって迷惑になる可能性が高いです。

食事も同じ空間ですることになりますから、機内での香水使用は控え、空港に到着してから使用するようにすると良いでしょう。

また、飛行機の中では気圧の影響を受けて液が漏れ出やすくなります。

バッグの中が香水だらけになるなんてこともあり得ますので、フタをしっかりしめて、ティッシュペーパーなどでくるんだ上でビニール袋に入れておくと万全です。

 

まとめ

これで海外旅行の際の香水の持ち運びは万全!

手荷物・預入れ荷物に香水を入れる際には、液漏れ対策を万全にしておきましょう。

香水を空港の免税店で購入する際には、乗り継ぎ空港で没収されるリスクがないかもきちんと考えたいですね。

購入して日本に持ち込む香水が免税範囲になるかどうかもチェックポイントです。

国内・海外旅行の際の香水マナー・香水知識を抑えておけば香水を没収されてしまうかハラハラすることがなくなります♪

香水のことは気にせずに、思い切り機内・旅先での素敵な時間をお過ごしください。

 

すべての検索結果