【不要になった香水どうしてる?】正しい香水の捨て方・活用法まで紹介します

中身があるけど、ずっと開けてなくてもう長く使っていない香水。

「香りも変わってしまって捨てたいなぁ。でもどうやって?」「香はイマイチだけど、瓶が可愛くて再利用できないかな?」なんてお悩みはありませんか?

ここでは不要になった香水の正しい捨て方をはじめ、捨てずに再利用をする方法についてもご紹介していきます。

「香水を捨てたい」と考えている方、必見の内容です♪

香水の中身が残ったままごみに出しても良い?分別について

残り少ない香水の中身

香水の中身が残ったまま、燃えるゴミに出すことはできません。

外瓶はガラスやプラスチックでできているため、地方自治体の分別に基づいて瓶・キャップとパーツに仕分けてゴミに出す必要があります。

【燃えるゴミとして】

中身の香水はティッシュに吸わせて、基本的に燃えるごみとして出せます。

【燃えないゴミとして】

ガラス製の香水ボトルは「ガラス・瓶や割れ物」

プラスチックのキャップ・チューブ部分は「プラゴミ」

金属製のスプレーや留め金部分は「金属ゴミ」

 

地方自治体によっては、はガラス製のボトルは割れ物として収集方法や収集日が違い場合もあるので、お住まいの自治体に確認してみてください。

 

基本的な香水中身の捨て方

カラフルなゴミ箱で分別

ゴミ袋にティッシュを詰めて、ティッシュに香水を染ませる方法が一般的です。

洗面所やお風呂場、台所などで香水を流して捨てると臭いが充満してしまい、排水溝に臭いが染みついて家中に香水の匂いが充満するケースもあるので、お家で流して香水を捨てる方法はお勧めできません。

流さずに「ゴミ袋にティッシュを詰めて、ティッシュに香水を染ませる方法」を外で行うことをおすすめします。

でも、スプレーノズルが開かない場合はどうすればよいでしょうか?

 

スプレーノズルが開かない香水の捨て方

香水スプレーノズル

スプレーノズルを外せない香水の場合、「え?ワンプッシュずつ地道にティッシュかなにかに吸わせるしかないの?」と戸惑ってしまいますよね。

中身が少ししか残っていないのであればトイレの芳香剤やお部屋の芳香剤として吹きかけるように使用しても良いでしょう。

どうしても香が気に入らず使いたくないのであれば、最終手段があります。

粘着力弱目のガムテープで軽く巻き、一部巻かない箇所を作ります。

その箇所をハンマーでたたいて割ります。

こうすれば小さな破片が飛び散ることもなく、大きな破片になって割れますので軍手で割れた破片を分別してごみに出すだけです。

中身を上記同様にゴミ袋に詰めたティッシュに吸わせ、あとは瓶とフタの分別をしてごみに出してください。

 

ノズルが外れない!香水の中身はいらないけど瓶を再利用したい場合

香水インテリアに活用

香水の可愛い容器をそのままインテリアに使いたいという方も少なくありません。

ガムテープで巻いて瓶を割るという方法は簡単ではありますが、瓶が割れてしまうため再利用ができないところが難点ですよね。

丁寧に香水の中身を取り除く方法もあります。

【用意するもの】

  • 軍手
  • マイナスドライバー
  • ニッパー
  • 新聞紙

【手順】

1:新聞紙を敷きます

香水が床に垂れたり、飛び散ったりしても問題のないよう、きちんと下準備をしておきましょう。

2:マイナスドライバーで金属のフチを持ち上げる

スプレー金属のフチとボトルの間にマイナスドライバーを差し込み、フチを持ち上げて引きはがしていきます。

持ち上がったら切り込みを入れるので、全部のフチを持ち上げる必要はありません。

3:ニッパーでスプレー金属のフチから縦に切り込みを入れる

ニッパーでスジを入れて、はがすようにして金属部分を外して完了!

 

作業途中、香が充満しやすいため換気扇をしっかり回した状態で行うか、風通しのよい外でおこなうと良いですよ!

 

そもそも香水の香りの期限はどの位まで?捨てる・捨てないの基準は?

ビンテージの古い香水

一般的には香水は開封したら1年は元の香りを維持でき、未開封の場合は3年の消費期限があります。

ただ、直射日光を避け、温度変化の少ない所で保管していた保管状態が良い香水であれば、香や品質の劣化が気にならないものも。

とくにゲラン・シャネル・ディオールなどのハイブランドになるほど劣化の影響は受けにくいと言われていて、保管状態さえよければ200年は使えるという説も。

5年以上、10年以上と保管されていた香水で香りが変わっているもの、変色が明らかなもの、お肌にパッチテストをしてかゆみなどの症状がでた場合は、残念ながら捨てることを検討した方が良いかもしれません。

 

劣化させない香水の保管方法のコツ

1:空気に触れさせない

ボトルの中身が空気に触れないよう、蓋をしっかりすると同時に、アトマイザーに移し変えて蓋を開け閉めする=空気に触れるリスクを減らすなどの工夫ができます。

2:直射日光・蛍光灯の光が当たらない場所

光は香水の大敵です。

「光は香水を数週間で劣化させる」ため、光を避けた場所に置くことをおすすめします。

3:できれば冷蔵庫やワインセラーが最適

温度が一定で光が入らないという点で、香水の保管場所にもっとも適している場所です。

 

古い・不要になった香水を捨てずに活用する方法

香水をデフューザーにして活用

香りが劣化してしまったものは、残念ながらお肌に直接使えないかもしれませんが、まだ香の良い香水であれば、捨てずに再利用することも可能です。

 

1:芳香剤として使う

コットンやティッシュに香りをつけてトイレ・靴箱・玄関など、目立たないところに置いておくとふんわり香を楽しめます。

部屋に香りを広げたいのであれば、コットンに染み込ませて可愛らしい器などにいれて部屋におくとルームフレグランスとして活用できますよ。

より本格的なルームフレグランスを目指すのであれば、竹串やラタンスティックを用意し、香水を入れた瓶にさしておくことでリードディフューザーになります!

「香が強すぎる」と感じるのであれば、エタノールで薄めるとよいですよ♪

2:お風呂タイムのアロマとして活用

アロマオイル感覚で湯船に数的垂らしてみましょう。

香水を吹きかけるのとは違いまろやかな香りがバスルームに広がり、癒しの時間を楽しめます。

3:フリマアプリで販売

ゲランなど、ハイブランドの香水であれば年代ものでもマニアの方が羨望する幻の香水として注目される可能性も高いです。

珍しい香水や廃盤になった香水、非売品の香水などプレミアがついて高額で売れることも!

保管状態が良ければ、購入年代はあまり気にしないという方も多いので、フリマアプリなどに出品してみても良いでしょう。

フリマアプリ例:

フリマjp

メルカリ

4:中古買取サービスを使う

香水の買取をしている中古買取サービスで買い取ってもらえば、確実に売れますしフリマアプリのような面倒なメッセージや発送の手間もなくお手軽です。

香水買取業者例:

香水買取ドットネット

香水買取.com

まとめ

使わなくなった香水・古い香水でも、香りが不快に変質していなければアレンジして使用してみたり、フリマで販売したりする手もあります。

高級ブランドやプレミアム品であれば想像以上に売れ行きが良く、高値がつく場合もあるので要チェックですよ!

どうしても再利用できないのであれば、お住まいの自治体のごみ分別ルールにしたがって、中身はティッシュなどに吸わせて燃えるゴミに、その他の瓶・ノズル金属部分・チューブ部分は分別して捨てるようにしてください。

1度は心惹かれて購入した香水ですから、本記事を参考にして、気持ちのよいお別れをぜひして頂ければと思います♪

 

すべての検索結果