Baruti – Onder de Linde (バルチ – オンダー ド リンデ)

(8 件のレビュー)

清貧という心の豊かさ、名画であるフェルメールの「牛乳を注ぐ女」に着想を得た香水、オンダー ド リンデ。オランダの初夏、田園風景を思わせる追憶の香りです。主役はリンデンフラワーとライラック。バラやジャスミンのように天然で抽出できないお花をアロマ分子で再現、これこそが調香の真骨頂であり、魔法と語る、スピロス・ドロソプロス。タルトな洋梨が控えめなフルーティさをもたらし、甘すぎないハニーと調和しながら洗練さをもたらしています。アイリスとバニラ、サンダルウッドは控え目で決して驕ることなく、フェルメールの光と影の技法のように静寂の中、穏やかな光に包まれた世界を香りのファセットに用いた繊細な美を紡ぐフローラルです。【ユニセックス/フローラル/オードパルファン】

メインの香料

※画像をクリックすると香料の説明ページが開きます

クリア

説明

・ご購入前にこちらの [sg_popup id=”5399″ event=”click”]留意点[/sg_popup]をクリックし、お読み下さい。

・この香水の詳細については上の「追加情報」をご覧下さい。

・・・

香水の種類が多すぎて迷ったり、どんな香水が自分と合っているか知りたいと思いませんか?

セレスは香水の量り売り販売の他にプロの香水コンシェルジュ、「セレスのセレクト」も行っております。

お客様が求める香りのイメージに沿って、ラグジュアリーブランド香水のサンプルを[sg_popup id=”5515″ event=”click”]香水スタイリスト[/sg_popup]が5つお送り致します。是非この機会に「セレスのセレクト」もお試し下さい!

セレスのセレクトを見る

 

_______

[instagram-feed]

追加情報

香りのタイプ

香料

ライラック

女/男

種類

オードパルファム

ブランド

香りのイメージ

香りの印象

,

香水のご利用シーン

, ,

季節

,

Baruti – Onder de Linde (バルチ – オンダー ド リンデ) に対するレビュー8件

  1. 購入済みのお客様

    フローラルな香りよりも苦味が気になり、なかなかいい香りに思えなかった hk

  2. 購入済みのお客様

    ムエットです。ライラックとアイリスのパウダリーなお花の香りがぶわっと広がります。

  3. 購入済みのお客様

    ライラックの爽やかな香りに軽やかな甘さを
    感じる香りです。でも少し苦味が気になりました。
    EN

  4. 購入済みのお客様

    上品な香りY.S.

  5. 購入済みのお客様

    ライラックなのか。少女のほほえみのような香り。

  6. 購入済みのお客様

    甘いけれどキツくなくて、セルジュルタンスのニュイドセロファンを嗅いだ時のような感じ。どこまでもまろやか。M.T

  7. 購入済みのお客様

    ライラックやアイリスのパウダリーな花の香りと、ハニーやバニラのミルキーな甘い香り。少しハーブぽいクセがあります。

  8. 購入済みのお客様

    ムエットにて.
    ハーブのような爽やかな香りでした。

レビューを追加

メールアドレスが公開されることはありません。



すべての検索結果