【匂いがキツ過ぎる…】香水を薄める方法はあるの?付け過ぎてしまった時の対処法も!

数年使っていなくて匂いが濃くなってしまった香水や、オリエンタル系・フゼア系・グルマン系の香りといった香りが強いものだと、「匂いが気になって使いこなせない」という場面もありますよね。

そんな時に、香水そのものを薄めることはできるのでしょうか?

万が一香りが強すぎる時の対処方についても、併せてご紹介していきます。

香水を薄めるのはあり?なし?

万が一香りが強すぎる時の対処方についても、併せてご紹介していきます。

手持ちの香水を薄めて良いの?その方法は?

結論から言いますと、薄めることは可能ですが、推奨はできません。

方法としては、薬局などで手軽に購入できる「無水エタノール」を香りの様子を見ながら足していくことになります。

水・精製水は薄めるうえで使えないので気を付けてください。

一瞬にして濁ってしまいます。

ただ、無水エタノールを使用した香水の薄め方にしても、注意したい点があります。

香水は複雑な香りを何重・何百と調香して生まれた繊細なものです。

そのため、エタノールで薄めることにより香りのバランスが崩れてしまい、元のように香らなかったり、香りの印象がボケてしまうということもあるんです。

まずは以下にご紹介する方法で、香り方を工夫していく手段を検討してみてください。

※無水エタノールで香水を薄める場合は、自己責任の上で行ってください。

香水を薄めずにお悩み解消!香りの強さの調整方法

ここでは、香水を薄めることなく、香りの強さを調整する技をご紹介していきます♪

アトマイザーに移し替える

ワンプッシュで出てくる量の多さが、香りの強さを助長しているのかも?!

そこでご提案したいのは、アトマイザーに移し替え香水の量を自動的に調整してしまう方法です。

アトマイザーであればボトルのサイズそのものが小さいため、ワンプッシュで出てくる香水の量も控え目。

付け過ぎてしまった!なんて事態を予防することができます。

少量でも香りがしっかりとし過ぎている香水に関しては、アトマイザ―の中でもお肌に触れる部分がロール状になっている「ロールオンタイプ」がおすすめです。

ポンポンと、狙った箇所にのみピンポイントで香りを付けられるため、より控えめに香らせることができます。

※アトマイザーとは?

香水用の持ち運びボトルです。お手持ちの香水をボトルに入れ替えることで、どこにでもお気に入りの香水を携帯することができます。

付け方を工夫する

香水の付け方そのものを見直してみるというのも手です。

香りは下から上へと香るため、首や耳元に付けてしまうと、自分も周りも香りに酔ってしまう可能性があります。

ふんわりと香らせる、または香りの調整をしたいのであれば、「腰より下」に香水を付けるようにしてみましょう。

・洋服を着る前に腰周りに1〜2プッシュ

お洋服からいい香りが漂うといった感じに、動くたびにふんわり香ります。

・スカートであれば膝裏・ズボンであれば足首に1〜2プッシュ

スカートをはいているのであれば、膝裏に香水を合計1〜2プッシュ付けてみましょう。

ズボンを着用しているのであれば、足首がおすすめです。

香りは下→上へと香るため洋服を汚すことなく、さり気なく、上品に香ってくれますよ。

・香りをくぐるようにして全身に香水をまとう

空中に香水を1〜2プッシュ放ち、その中を頭からサっとくぐります。

髪の毛や全身にほんのりと香りが付きますが、この方法だと香りが飛びやすいため、かなり控えめに香らせたいという方におすすめします。

香水を付け過ぎてしまった時の対処方

「間違って香水をたくさんつけすぎてしまった!時間もないのにどうしよう!」

ご安心ください。

これからご紹介する方法さえ知っていれば、たったの数秒で解決できます♪

香水がまだ乾いていないなら

香水がまだ乾いていない状態であれば、水で流すだけで簡単に落とすことができます。

ウェットティッシュでも十分です。

香水が乾いた状態なら

方法1:アルコール配合のウェットティッシュOR 無香料のデオドラントシート

アルコールを配合しているという点がポイント!

アルコールの作用で香りが薄まります。

方法2:無水エタノールOR 重層

無水アルコールで拭き、石鹸で洗い流します。

「無水エタノールなんてすぐに用意できないよ」という方は、ほとんどのお家にある材料、重層を活用してみましょう。

重曹:ぬるま湯=1:1を混ぜ合わせて、香水を塗った箇所に塗り、しばらく放置してからふき取って洗い流すだけです。

方法3:保湿クリーム・ハンドクリームを重ねる

香水の香りを壊さないためにも、無香料のクリームを使用してみてください。

香りを薄める効果があります。

洋服に香水が染み込みすぎたなら

洋服に香水を誤って付けてしまった場合など、香水を落とすには、重層水への付け置きがおすすめ。

染み込んで匂いがずいぶんと良くなるはずです。

まとめ

香水を薄める方法として、無水エタノールで希薄させる方法がありますが、繊細な香りのバランスを失う可能性があるため、積極的にはおすすめできません。

無水エタノールで香水を薄める手段を取る前に、アトマイザーに移し替えて付ける量を調整したり、香水の付け方そのものを見直してみてください。

濃い香りでも使い方次第で、とっても美しく香ってくれますよ♪

万が一付け過ぎた際には、水やウェットティッシュでふき取るなど簡単な方法ですぐにリセットできます。

香水の香りの濃さや重厚さも、個性の1つですので、上手に付き合ってあげてくださいね♪

すべての検索結果