Mendittorosa – Orlo (メンデットローザ – オルロ)

(4 件のレビュー)

詩と香水の関係を探求する嗅覚の三部作。脆い者たちへ暗闇の中で光を拓くために戦うオルロ(命のきわ)。この香りは20世紀最高の女性詩人とも評されるシルヴィア・プラスの詩、彼女の死のわずか数日前に書かれた「エッジ」が題材となっています。シルヴィアは二人の子どもが眠っている間にガスオーブンに頭を入れてガス中毒により自死しました。死により彼女の存在は「完成」したのです。白い蛇として描かれている子どもたちと母性の喪失を象徴する空っぽの乳房。夜の花と月が物語るのは、死は自然の一部であることへの示唆となっています。甘い蜜を滴らし死を祝福する花々と、薄くも重苦しい空気が紗幕のように広がる。彼女の詩における死のイメージは、自身の内面の苦しみを表現する手段であると同時に人間の普遍的な経験や感情を象徴するものとして、多層的な意味を持ちます。悪魔と戦い、命のきわに向かう人々に敬意を込めて。「庭がこわばると閉じる薔薇の花びらのように。そして、香気は血のように甘美な夜の花の深奥から溢れ出る。骨の頭巾の陰から見つめる月は悲しむことはない。彼女はそういうことになれている。月の喪服はパチパチと音をたて、重く引きずられる」。【ユニセックス/フローラル/オードパルファン】

メインの香料

※画像をクリックすると香料の説明ページが開きます

非メンバーバナー
クリア

説明

・ご購入前にこちらの [sg_popup id=”5399″ event=”click”]留意点[/sg_popup]をクリックし、お読み下さい。

・この香水の詳細については上の「追加情報」をご覧下さい。

・・・

香水の種類が多すぎて迷ったり、どんな香水が自分と合っているか知りたいと思いませんか?

セレスは香水の量り売り販売の他にプロの香水コンシェルジュ、「セレスのセレクト」も行っております。

お客様が求める香りのイメージに沿って、ラグジュアリーブランド香水のサンプルを[sg_popup id=”5515″ event=”click”]香水スタイリスト[/sg_popup]が5つお送り致します。是非この機会に「セレスのセレクト」もお試し下さい!

セレスのセレクトを見る

 

_______

[instagram-feed]

追加情報

香りのタイプ

香料

クミン, レザー

女/男

種類

オードパルファム

ブランド

香りのイメージ

,

香りの印象

,

香水のご利用シーン

,

季節

, , ,

Mendittorosa – Orlo (メンデットローザ – オルロ) に対するレビュー4件

  1. 購入済みのお客様

    ムエットにて。妖艶で重たい香り。アルコールを強く感じる。ばっちりお化粧をしたお金持ちのマダム、すいもあまいも知り尽くしたゲイバーのママ。日本人に付けこなすのは難しそう。

  2. 購入済みのお客様

    独特な雰囲気でかなり重めな印象。ミステリアスな方には良いかも

  3. 購入済みのお客様

    かなり独特な香りがする。自分には合わなかったけど好きな人は好きだと思う。おしゃれで周りの人とは少し違う人がつけていそうな匂い。スパイスっぽい?ユニセックスではあるけど女の人の方がイメージには合うと思う。

  4. 購入済みのお客様

    ワンタップの容器から直接嗅いだ時はオレンジやラムの香りが強く香ったため、駄菓子の香料のようなどちらかと言うとレディース香水のような雰囲気を感じ取りましたが、実際に肌に乗せてみると意外にも男性的な印象を受けました。
    ピリッとしたスパイスの奥にディオールのプワゾンに近いフルーティフローラルの香りがあって、さらにその奥にレザーや樹脂、ウッディ系の落ち着いた香りがどっしり構えている感じです。
    全く異なる印象の香りが同時にいくつも存在しているので、いろんな表情が見られると思うのでもう少し試してみたくなる香りでした。

レビューを追加

メールアドレスが公開されることはありません。



すべての検索結果