香水は服に付けられる?服についた香水やシミの落とし方は?香水×服トピックをまとめてみました!

香水専門店のセレスでは、お客様から香水に関する質問メールをいただくことも多いです。

本記事では、中でも質問の多い服×香水トピックについての質問・疑問にお答えしていきたいと思います。

・香水は服に付けるものなの?

・香水シミはどうやって取る?

・香りが服に染みついてしまった時の対処方は?

・服に香水の香りをほんのり移したい時にはどうすればよい?

上記のような疑問を抱えている方にとって、きっと有益な情報になるかと思います!

ぜひ最後まで目を通してみてください♪

 

香水は洋服に付けても良いものなの?

香水 服

「香水を洋服につける」という声もありますが、本当のところ、どうなのでしょうか?

 

本来香水は体温に合わせて香りが変化するものです

香水はトップ・ミドル・ラストノートと、体温で温められ体質と相まってその人ならではの香り・香り方が楽しめるものです。

面白いことに、同じ香水でも付ける部位や人によっても香り方が変化してくるのです!

ですので、香水本来の香りの変化を存分に楽しむためには、肌にのせないとあまり意味がありません。

「じゃあ、洋服に香水を付けるのは間違いなの?」

と聞かれますと、一概にはNOと言えないところがあります。

 

ミスト・コロン・単調な香りがお好みであれば洋服に付けてもOK

洋服に香水を付けると、体温の影響を受けないのでボトルを開けた時の香りが長く楽しめるでしょう。

単調な香りがお好みであれば、肌に触れない洋服に付けると良いと言えます。

また、ミスト・コロンなど香りが飛びやすいものも、汗の影響を受けない洋服に付けると長持ちしやすいです。

ただ、香水を洋服に付けると、シミになるリスクがあるので、その点ご注意ください。

 

洋服に付ける際には注意も必要!?

洋服に付けることに一概にNOとは言えませんが、1つ注意していただきたいことがあります。

それは、シミになる可能性が高いということです。

洋服についた香水は、直射日光に当たる茶色いシミになりやすく、様々な成分を含むので落ちにくい性質を持ちます。

また色付きの香水もありますが、シミになるだけでなく、色が移ってしまうということもあります。

ですので、セレスでは洋服に香水を付けることは推奨していません。

どうしても洋服に香水を付けたい場合は、デメリットも考慮したうえで自己責任の上でお願いいたします。

 

香水を服に付けたらシミになってしまった…!対処法は?

香水 服 シミ

香水を服に付けたらシミになってしまった…!対処法は?

万が一服についた香水がシミになってしまった時には、以下の方法を試してみてください。

 

アルコールを用意する

アルコールには油性のシミを分解する働きがあります。

ドラッグストアに売っている「無水エタノール」や「消毒用アルコール」を役立ててみましょう。

無水エタノールは引火しやすいため火のそばでは作業せず、また換気のしっかりとした環境下で使用するようにしてください。

消毒用アルコールはアルコールを精製水で薄めたもので、無水エタノール同様油性のしみ抜きに効果的です。

消毒用アルコールであれば、ご家庭に1つはあるものかと思うので、使いやすいのではないでしょうか?

 

シミ抜きの手順

衣服のシミがついた面を下にして、下に当て布代わりにタオルを敷きます。

不要になった歯ブラシに上記のアルコールを付けて、裏側からトントンと叩いてください。

この時のポイントはシミの外側→内側の順番に落とすこと。

内側から外側に落としていくと、シミが広がってしまう原因になるからです。

しばらくトントンと作業を行い、ひっくり返してみると、黄・茶いろのシミがずいぶんと取れているはずです。

 

デリケートな洋服には重層も使える

上記の方法だと、デリケートな洋服を傷めてしまうと心配になる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時には重層を活用してみましょう!

 

重層を使ったたシミの落とし方

大さじ1杯の重曹に水を少量加えた重層ペーストを作り、シミになっている部分に塗り込みます。

衣類の裏にタオルをしいてシミのある部分に重曹ペーストを塗り、汚れをしっかり浮かしてください。

次に、台所用中性洗剤を垂らしてもみこみ、水をはった洗面器に浸して30分放置。

洗濯機で洗うだけです。

 

香水の匂いが洗濯しても取れない時は?対処法はコレ!

香水 服 香 

「中古のお洋服を購入したんだけど、香水臭さが洗濯しても取れない」

「昔付けていた香水の香りが洋服からして何とかしたい!」

そんな時の対処法はこちら!

 

急いで解消したい時にには、アルコールを吹きかける

香水の香料はアルコールを振りかけると臭いが和らぎます。

消毒用のアルコールがあれば臭いの気になる箇所にスプレーするか、布やキッチンペーパーになじませて塗ると良いでしょう。

アルコール入りのウェットティッシュも同様に、ある程度の効果が見込めます。

 

じっくり香りを落とすなら、重層洗濯がおすすめ

洗面器に洋服がつかるぐらいのぬるま湯と大さじ2杯程度の重曹を入れて、30分ほど入れて軽く手洗いし、30分ほど付け置きします。

付け置きが終了したら通常通りに洗濯をしてください。

 

洋服にそっと香りを移す方法をご紹介します香水 香り 服に

まるで柔軟剤が香ように、洋服からそっと香らせたい!

そんな時にはクローゼットや洋服を収納しているタンスの中に、香水を染み込ませたハンカチを一緒に入れてみてください。

動くたびにほのかに香りを楽しめるはずです。

 

まとめ

香水×洋服に関するトピックをまとめてお届けしました。

気になっていた情報や解決策は見つかりましたか?

香水は色のついているものも多いですし、時間が経つほどに黄色・茶色のシミになりやすいため、洋服に付けることはあまりオススメはできません。

どうしても洋服に付けられたいのであれば、目立たない箇所や、女性であれば下着の端に少しといった付け方が良いかも知れませんね。

くれぐれも大切なお洋服を台無しにしてしまわないよう、気を付けてくださいね。

洋服についた香水シミや香りの落とし方なども紹介しましたので、いざという時に役立ててもらえれたら幸いです!

皆様がもっと香水を楽しめるよう、香水にまつわる様々な情報を発信していきたいと思いますので、今後もご期待くださいませ♪

 

 

すべての検索結果