息苦しさ・めまいがする?!その症状もしかしたら香水アレルギーかも?

特定の人のところに行ったり、すれ違ったりすると目がかゆくなる、くしゃみや咳がでる、息苦しくなるなどの症状が出るのであれば「香水アレルギー」かもしれません!

突然アレルギーを発症するということも。

あまり知られていませんが、世の中には香によるアレルギーに悩む方がいて香水をマナーなく付けてしまうと図らずも「香害」加害者になってしまうことも…。

ここでは、香水アレルギーについて、その原因や症状、対処法いついてご紹介していきたいと思います。

 

香水 アレルギー 症状や反応の代表例

香水アレルギー症状

香水アレルギーに代表的な症状や反応をご紹介します。

 

  •  湿疹
  • 鼻水
  • くしゃみ
  • かゆみ
  • 喉が痛い
  • 頭痛や耳鳴り
  • めまい
  • 吐き気

 

香水だけでなく、柔軟剤や化粧品、シャンプーなどの香りをかぐと発症するという方もいます。

何かの香りをかいだ時に上記のような症状・反応が出る場合は香料へのアレルギーが考えられます。

 

香水アレルギーの原因は「化学物質過敏症」

そもそもなぜ香に体が反応してしまうのでしょうか?

化学物質過敏症とは?

化学物質過敏症とは、香料に含まれている化学成分が引き起すアレルギー反応です。

とくに香水の香料は天然の香料ではなく、石油から得られた原料を化学反応させて作られた合成香料がほとんどです。

さらに、香料を溶かす溶剤にも化学物質が含まれます。

香水により使われる化学物質は違うため、特定の香りに反応するという場合もあれば、大概の成分に反応してしまって合成香料全般がダメという方もいます。

 

化学物質過敏症のセルフチェックをしてみよう

こちらから化学物質過敏症のセルフチェックができます。

 

「もしかしたら!?」と思い当たる方は、一度チェックし、該当してしまった場合はアレルギー科のある病院・クリニックをあたってみてください。

血液検査やパッチテストでアレルギー検査をすることができます。

お子さんの場合は、まずは小児科にかかり、あとはアトピー性皮膚炎なら皮膚科、アレルギー性鼻炎なら耳鼻科というように、症状に合わせて病院を選ぶと良いでしょう。

 

今すぐできる香料アレルギー 対策

ここでは、香料アレルギーへの対策方法をご紹介します。

 

マスクをして臭いを避ける

まず一般的なのが、マスクで香料との接触を極力避けることです。

 

原因となる香に近づかない

原因となる香に近づかないことが一番ですが、仕事上、ライフスタイルの上で、それが難しいという場合もあるでしょう。

 

周りの協力を得る

同僚や上司に相談し、周りの協力を得ることで香水を付けたり、香りの持続する柔軟剤をつかって洋服を選択しないようになど協力を仰ぐことも大切です。

 

免疫力アップを図る

アレルギーは、攻撃の必要のない物質に過剰に免疫システムが反応してしまい、体に不利益な反応として現れます。

そのため、免疫機能のバランスを整えるために食事内容を改善したり、適宜スポーツをしたりする他、今話題のCBDという成分を役立ててみるというのも手です。

CBDは、大麻草から抽出される成分ではありますが日本で合法に使用ができて、体全体の恒常性維持に働きます。

アレルギーをはじめ、癌、アルツハイマー、鬱、抗炎症など様々な働きが期待されている大注目の成分!

WHOも安全な成分だと認めており、強い抗酸化力・抗炎症作用から、アンチドーピング機構もアスリートへの使用を許可しているなど、安全性の高い成分です。

日本のクリニックでも導入が始まってきているので、気になる方は取り扱いのあるクリニックに相談されても良いでしょう。

 

香水アレルギーの人は香水を使えないの?

香水アレルギーと一言にいっても、原因は香料ではない可能性もあります。

  • 体質からアルコールに反応を起こしている
  • 香水自体の品質が劣化している(古くなったり、保存状態が悪かったり)
  • あなたの肌に皮膚炎や炎症がある(アトピーなど)
  • 光アレルギー性光線過敏症(ある成分が紫外線と化学反応を起こしている)

 

香料が原因の場合は、ほとんどの香水に香料が含まれるため、残念ながら使用は難しいかも知れません。

ただ、香水に含まれる化学物質の種類や量によって反応する・しない場合もあるので、どうしても香水を使用するのであれば地道に確認していくしかありません。

できるだけ自然由来の香料やアルコールの使用量が少ない香水を試されるとよいでしょう。

 

【セレスでご用意のあるアルコール・香料使用の少ない香水】

 

ロッキー山脈の氷河からなる湧き水、トウモロコシから採れるコーンエタノール、ボタニカル98%の天然香料を主体としたDAWN Perfumeシリーズがオススメです。

製品はすべてアメリカコロラド州にあるロボで丁寧に1つ1つ作られています。

 

Dawn Spencer Hurwitz – Rain(ドーン スペンサー ハーウィッツ – レイン)

Dawn Spencer Hurwitz – Rain

石鹸のようなムスクのような、清潔感のある香り。

雨上がりの草原に咲く、白い可憐な花々の香りと澄み切った空気を連想させます。

 

Dawn Spencer Hurwitz – Butterfly Nectar(ドーン スペンサー ハーウィッツ – バタフライ ネクター)

Dawn Spencer Hurwitz – Butterfly Necta

優雅・可憐・女性らしさの全てを兼ねそなえている、フルーティー・フローラルなきれいな香りです。

ライトに香るため、キツイ香りが苦手という方におすめです。

 

Dawn Spencer Hurwitz – Bejmat(ドーン スペンサー ハーウィッツ – ベジマット)

Dawn Spencer Hurwitz – Bejmat

香りを浄化するというコンセプトで作られた、日本向け香水!

ベルガモットからはじまり花々と共に浄化力の高いシダーウッドやヒノキ、サンダルウッドの香りが広がり深いリラックスを誘います。

女性・男性ともに使える香です。

アルコールに反応してしまう場合は、アルコールフリーの練り香水であれば、香水よりも持続力や香の強さは落ちますが、比較的安心して使用できます。

練り香水の使い方をご紹介!ふつうの香水と何が違う?どんなシーンに向くの?

 

 

セレスから香水をこよなく愛する皆さまにお願いしたいこと

「香水をもっと身近に取り入れてもらうことによって、日本人のライフスタイルをより豊かにすること」をセレスの理念としています。

香水をつけることで、気分が明るくなり、仕事効率を上がることだってあります。

程よく良い香りは周りの人をも幸せにできる力を秘めています。

香水は素晴らしいものです!

ただ、その一方で、香水アレルギー・香料アレルギーに苦しまれている方がいらっしゃるのも事実です。

 

香水の使用を推奨しているセレスがこんな記事を書くことは良いのだろうかとも考えたのですが、香りのマナーをもって活用いただけることが、本当の意味でだれもが香りを通して幸せになる1つの手段だと思い、香水アレルギーについてご紹介しました。

自分でつけている香りは自分では感じにくいため、自分で香りが感じられる場合は、つけすぎの可能性が高いです。

1プッシュ、多くても2プッシュまでを目安にしてみてください。

香料アレルギーの度合いによっては、香水だけでなく柔軟剤や制汗剤、化粧品、シャンプーの香りなどに反応してしまう方もいます。

相談を受けた場合は快く香水の使用を停止し、会社以外で使用するなど本当に悩んでいる方に配慮をした温かい香水の使い方をどうぞ宜しくお願いいたします。

香害や香水アレルギーに興味の持たれた方は、シャボン玉石けん様のページなどをぜひご確認くださいませ。

香害について、少しでも多くの方に正しく理解してもらえるきっかけになればと思います!

 

 

 

すべての検索結果