大感謝キャンペーン🎉 プレミア会員は全ての香水が20%OFF
非会員の方も10%OFF!(5月31日まで)
香水が全然匂わない!原因と対策4つと上手なつけ方 – セレス

香水が全然匂わない!原因と対策4つと上手なつけ方

香水の香り過ぎも問題ですが、香水が全然匂わなくて周りに気がついてもらえないのも、なんだか寂しいものですよね。

この記事では、「香水が全然匂わない!」と感じている方に向けて、その原因と上手に香らせるための方法をご紹介します。

 

 

香水が香りにくい人も!体質によるもの

香水は温まると香りやすくなります。

そのため、体温が低い方だと香りの広がり方がいまひとつとなり、「全然匂わない」と感じる方も。
一般的に香水をつける箇所といえば手首や首が思い浮かぶかと思います。これは動脈があるため熱を発しやすい箇所だからです。

体温が低い方だと手首や首元につけてもさほど温まりにくいため、体の部位の中でも温かい傾向のあるウエストや胸元をはじめ、香りをダイレクトに感じやすくなる耳の裏などに香水をつけるとよいでしょう。

 

 

香水が匂いにくい時期もある

「夏場は香りに敏感になるのに、冬になると香水の香りが全然しない気がする……!」

そう思われてはいませんか?

実は、その通りなんです!

冬になると、肌がより乾燥しますよね。香水の香りは肌の水分が多いほど長持ちするため、肌の水分量が多い方や少しオイリ―肌寄りの方だと香りやすいのです。

冬場に香水が全然匂わないと感じたら、お肌をしっかりと保湿してから香水をつけましょう。

 

 

香水の種類・タイプが匂いにくいものを使用している

ロールオンタイプの香水を使用している

ロールオンタイプはピンポイントでつけるため、香りが広範囲に広がりにくい傾向があります。

 

コロンや練香水を使用している

コロンや練香水では、香料の濃度を示す「賦香(ふこう)率」が低くなっています。

そのため、そのぶん香りを感じにくくなってしまいます。

香りの強さと持続性は、コロン<オードトワレ<オーデパルファム<パルファムの順で高くなるので、今お使いの香水の種類を確認してランクアップを検討してみるのも手です。

 

トップノートベースが主成分になっている

ライトフローラルやシトラスなど揮発性の高いトップノートが主成分の香水の場合、気がつきやすい香りではありますが、消えてしまうのも早いです。

香りをしっかりと出すには、ベースノートがしっかりとしたフレグランスを選びましょう。

たとえば、フローラル系の香りは5時間、ウッド・アンバー系の香りであれば3日間持続することも。

「でも、濃い香りは自分好みじゃない……」という方もいらっしゃいますよね。

そんなときには、ヘビーな香りに軽めのフレグランスをレイヤーすると、お気に入りの香りが持続しやすくなります。

 

 

匂いに慣れ過ぎてしまっている

人は日常生活を送るうえで、無意識に匂いに順応しています。

嗅覚の疲労・慣れといわれるものです。

たとえば、ペットのいるお家にお邪魔したときにはじめの5~10分は匂いが感じられても、しばらくすると気にならなくなるような経験をされた方も多いと思います。

香水の香りも同じように、匂いに順応したがためにまったく香らないと勘違いしている可能性も。

そんなときは、周りの方に香っているのかどうか聞いてみるといいかもしれません。

 

 

香水が強く匂わない上手なつけ方

常に香水の香りがすると、かえって香りを感じにくくなったり周りに迷惑を掛けてしまったりします。

目指したいのは、普通にしていたら香らないけれど少し動いた瞬間にほのかに香る人! 鼻が香りを認識しやすくなり、周りからの評判も上がること間違いなしです!

では、具体的にどのようなつけ方をすればいいのでしょうか?

冬場や体質的に香りがしにくいと感じるのであれば、おすすめはウエストに1~2プッシュ。ふとももや膝の裏側に1~2プッシュつけるのもいいでしょう。

何の香水を使っているのか相手に気付かれない程度の量、「あれ?なんとなくいい香り。香水なのかな?」と思われるくらいの量が、一番エレガントであり魅力的な香り方かなと思います。

 

 

【つけ過ぎ注意!】マスク越しでも香水の匂いは分かります!

「マスク越しで香水の匂いが薄くなるから」と香水をいつもより多めにつける方もいらっしゃいますが、ちょっと待ってください!

香水の香りはマスク越しでも通常と同じように感じられるものです。マスクをしているからと言ってつけすぎには注意したいものですね。

 

 

番外編:車で芳香剤代わりの香水が匂わないときは?

車の芳香剤の代わりに香水を活用しているという方も多いですよね。

でも、「香水のいい匂いがしないなぁ」なんて時には、鼻より上の位置に香りを置くと香水の香りを感じやすくなります。香水を染み込ませたコットンを小さな袋に入れて、ルームミラーに吊り下げて使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

「香水が全然匂わない……」と思ったときには、まずは周りの意見を聞いてみましょう。

自分が香りに慣れて鈍感になっているだけの可能性もあります。

周りに聞いても香水の香り立ちがいまひとつといった際には、保湿ケアや香水の種類を変えてみるなどの工夫で、上手に素敵な香りを楽しんでくださいね。

 

banner myselect

 

すべての検索結果