コロンと香水の違いって何?売れ筋コロン!人気ランキング

オーデ・パフューム・トワレ・オードトワレ・オーデコロン・フレグランスなど香水の種類にも色々あって、「一体どれを選べばよいの?」と疑問の方や、何が違うのか分からずに選んでしまっているという方も多いのではないでしょうか。

 

実は香りの強さや持続時間にかなり違いがあるんです!

 

そのため利用シーンにも違いが出てきます。

 

上手に使い分けすることが雰囲気美人・出来る男の常識?!

 

コロンと香水の違いと、売れ筋の香水やコロンや使い方についてご紹介します。

 

______________

 

■コロンと香水の違い

 

◇香りの種類について

 

コロンは香水の1種です。

 

香水の表記にEDPやEDTなんて表記を見かけたことはありませんか?

 

実はこの表記、「香料の濃度」を示し、香水の成分の中で香りの元となる成分がどのくらい占めているのかを示しています。

 

香水を段階別に分けると次のようになります。

 

 

・パルファム(略称P)

 

濃度25%以上。

 

1日中ほど香りが持続するほどです。

 

ただ現在では高額なことと、あまりに強すぎる香りから販売数は少なくなっています。

 

・オー・デ・パルファム(略称EDP)

 

香りの完成度はパルファムに引けを取りませんが、濃度10~15%で持続時間は5~7時

間前後です。

 

パーティーなど、華やかなシーンで活躍しますよ♪

 

・オー・ド・トワレ(略称EDT)

 

香水の中で、もっともメジャーで人気の高いものです。

 

濃度は5~10%で、3~4時間香りが持続します。

 

ソフトな香りなのでオフィスやちょっとした外出時などに気軽に使用しやすいタイプです。

 

・オー・デ・コロン(略称EDC)

 

コロンとして販売されているタイプです。

 

濃度1~5%で、持続時間は2時間程度です。

 

香りが飛びやすいので、気分転換を兼ねて使用する方法がおすすめ。

 

初めて香水を使う場合にも適しています。

 

 

◇香水の名称はメーカーが独自に決められることも…

 

 

薬事法によって香水の分類が定められている訳ではないので、香水メーカーが独自に本来オー・デ・コロンになるべきものを、オー・ド・トワレに分類しているケースもあります。

 

持続時間を測って判断すると良いでしょう。

 

 

■コロンが向くのはこんな方

 

・強調しすぎずに自分らしさも演出したい

・汗の匂いや加齢臭等の体臭が気になる

・シャワーを浴びたような感覚で使いたい

 

コロンは香りの持続時間が短いため、ほんのりの自分らしさを演出したい方、一時的に気になる体臭をカバーするのに人気です。

 

持ち運びのできる小さなタイプも多数あるので、気分転換に使用しやすいというメリットもあります。

 

髪の毛や枕などに付けて気軽に香りを楽しみたい方にもピッタリ。

 

 

■香水が向くのはこんな方

 

・パーティーなどの華やかなシーンで活用したい

・清潔感を感じさせるエチケットとして自分にふさわしい香りを身に付けたい

・香りを本格的に楽しみ、日常的に香りを取り入れたい方

 

香水は持続時間が長く、コロンとはちがってトップ・ミドル・ラストといった香りの変化があり、香りのバラエティーもコロンより多いので、香りをもっと本格的に楽しめます。

 

多く付け過ぎさえしなければ、朝に吹きかけるだけで半日程度持つので、清潔感のある香りを身にまとうことで第一印象アップに繋げることができるでしょう。

 

香りが強すぎない、フローラル系や柑橘系香水はオフィス使いにも非常に人気です。

 

______________

 

■人気・売れ筋のコロン&香水

 

◇レディース編

 

先ずはコロン…

 

・Terracuore(テラクオーレ) サクラ スイート ブレッシングス ポケットアロマ

https://idea-onlineshop.jp/client_info/IDEA/itemimage/06441343/06441343_sku_5a42f6bd6f53b.jpg

https://idea-onlineshop.jp/item/06441343.html

祝福に満ちた、甘いフローラルな香り。

 

ポケットサイズで持ち運び楽らくです♪

 

コロンでありながら、香りの変化が楽しめる優れモノ。

 

 

・ミスジョアンジュ ヘア&ボディコロン

https://item.rakuten.co.jp/kireimitsuketa2/h-b_0004407/

 

果実のみずみずしさにジャスミンとマグノリアの華やかで上品な香りが咲き誇るマグノリアブーケの香り。

 

少女のようなフレッシュさと大人の魅惑的な奥深さを兼ね備えた、フローラルフルーティーなブルーミングローズの香り。

 

上記の2種から選べます。

 

ヘアオイルと組み合わせるとさらに香りが長く続く濃厚な香りに♪

 

 

・【生活の木】【フレグランス】

https://shop.r10s.jp/koiki-eshop/cabinet/brand/seikatsu/tol-06-107-3010_s1.jpg

https://item.rakuten.co.jp/koiki-eshop/tol-06-107-3010/

全4種の香りを揃えています。

すべて天然芳香成分なので、自然派の方におすすめ。

 

次は香水…

 

Annick Goutal – Quel Amour(アニックグタール – ケラムール )

https://www.celes-perfume.com/wp-content/uploads/2018/02/4Annick-Goutal-Quel-Amour-1001004-min-1024x1024-1.jpg

https://www.celes-perfume.com/product/annick-goutal-quel-amour/

牡丹、ゲラ二ウム、ザクロなどフレッシュでフルーティーな女性らしい香りを配合。

まさにピンクが似合う女性が連想できる女性らしい香りです♪

Goutal特有の洗礼された香りは特に日本人女性と非常に相性が良く、強い香りではないので、オフィス使用にも好まれます。

 

Tocca – Brigitte(トッカ – ブリジット)

https://www.celes-perfume.com/product/tocca-brigitte/

モロッカンローズ、パパヤ、ジンジャーをベースとしている官能的な香水、甘くてスパイシーな香りが印象的。

フローラルのかわいい系の香水とはちがい、マチュアーでセクシーな女性が連想される香りです。

 

Van Cleef & Arpels – Reve(ヴァン クリーフ&アーぺル – レーヴ )

https://www.celes-perfume.com/product/van-cleef-arpels-reve/

ダイダイの花から採れるネロリと洋ナシをミックスした香水。

お香でもよくつかわれるシダーウッドを配合しており、フローラルでオリエンタルの温かみのある香りです。

天日干し仕上げのあったかく柔らかい毛布に包みこまれたような心地よい気持ちになれます。

 

______________

◇メンズ編

 

先ずはコロン…

 

・アックス(AXE) フレグランス ボディスプレー

ユニリーバJCMUnileverAXE(アックス)フレグランスボディスプレーエッセンス(60g)〔デオドラント〕

https://biccamera.rakuten.co.jp/item/4902111731506/?iasid=07rpp_10095___e6-jqdce74o-quu-7067c694-84ce-4c15-ab92-88372496cf51

外国人風でダンディな香りが長く続くと大人気。

フローラル、シトラス、ウッディー、オレンジ、ダークチョコなど香りのバリエーションに富んでいるのでお気に入りを探してみて♪

 

 

・プラウドメン スーツリフレッシャー

プラウドメン/グルーミングウォーター/CM

https://item.rakuten.co.jp/mcosme-style/prolot0011/?s-id=step0_pc_itemname

スーツに染み付いたタバコなどのニオイを取り除くとともに、ほのかに香るコロンとしても活用できます。

シトラス、グリーンウッド、シトラスムスクの3種類。

 

 

・タクティクス コロン

資生堂タクティクスコロン120mL

https://item.rakuten.co.jp/ystbek/4901872330416/?s-id=pdt_overview_spage&l2-id=pdt_overview_spage#10123063

高校生・中学生時代から使用しているという方や、大人になってから懐かしくて再購入という方も多いようです。

長年愛され続けるベストセラーコロンです。

 

 

次は香水…

 

Hermes – Terre d’hermes(エルメス – テールド エルメス)

https://www.celes-perfume.com/product/hermes-terre-dhermes/

オレンジとベチバーがメインの香り、フレッシュでグリーンな香りで清潔感アップ!

 

万人に好まれる香りなので、周囲の目が気になる方にお勧め。

 

もちろん職場使用にも向きます。

 

 

Dior – Dior Homme Intense (ディオール – ディオール オム インテンス)

https://www.celes-perfume.com/product/dior-homme-intense/

アヤメとラベンダーの香りを配合した、男性用フローラル香水。

 

ムスク特有の温かみを感じさせ、ため息が出るほどの安心感を周りに与えることでしょう。

 

スポーツカーが似合う男よりも、パリっと決めたスーツを着て磨き上げられた黒色のベンツに乗っている男性、洗礼された男を連想させる香りです。

 

 

Guerlain – Mitsouko(ゲラン – ミツコ)

https://www.celes-perfume.com/wp-content/uploads/2018/10/Mitsouko.jpg-kai.png

https://www.celes-perfume.com/product/guerlain-mitsouko/

10年代香水業界を一返した香水でシプレー系の香水の代表作。

オークモスとスパイスの香木の香りにピーチの甘さがほんのり感じられる、エキゾチックな香りです。

 

女性用の香水と知られていますが、男性が付けたらダンディーと言われる香りに変身!

 

香水上級者の男性、周りと被らない香りを探している方におすすめします。

 

______________

 

■コロン・香水の使い方の違い

 

◇コロンの使い方

 

香水が多様な香りに変化しバライエティに富んでいる一方、コロンの香りは時間経過で香りが変化することもないシンプルなものです。

 

面にスプレーをするようにして、シャワーのようにシュシューっと吹きかけましょう。

上半身に付ければしっかりとした香り、下半身に付ければ、ほんのりとした香りになります。

 

◇香水の使い方

 

香水は香りが強く持続力もあります。

そのため、端的に点をイメージした付け方が理想的。

中でもオススメの付け方は洋服を着る前にウエスト辺りに軽く1~2プッシュする方法です。

香りが長持ちしやすく、ほんのりと香水の香りを楽しむことができます。

香水の付け方については別記事(リンクを挿入)で紹介しているので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください♪

 

______________

 

■まとめ

 

 

香水とコロンの違いをご紹介しました。

 

それぞれ、香りの元となる成分の配合濃度が違うため、香水は長くしっかりとした香り、コロンはシンプルで軽い香りをまといたい時の使用がおすすめ。

 

たとえば、お風呂の後、就寝時枕や髪の毛にコロンを付けてアロマとして楽しみ、翌日はお気に入りの香水を付けて出勤やデートなど、使い分けて使用するのも良いでしょう。

 

香水を種類に応じて使い分けて、上手に香りをマスターしてみてくださいね♪

すべての検索結果