【デキル男の常識】仕事・会議・デートetc…シーン別!メンズおすすめの香りと香水を紹介!

香水の香りによって、自分はもちろん、人に与えるインスピレーションや印象が変わってくるのは皆様すでにご存じの通り。

だからこそ服装のTPO同様に、香りのTPOもしっかりと気を付けて行かないと思わぬ悪い印象を与えてしまうこともあります。

ここでは、「このシーンでこの香りってどうなの?」「TOPに合う香水をマスターしていきたい」という方必見、男前をもっと上げる、シチュエーション別におすすめしたいメンズ香水の香り&おすすめ品をご紹介します。

【仕事中】爽やか・誠実な印象に!

シトラス系

オレンジ・ライム・ベルガモットといったフレッシュ・爽やかなシトラス系の香りには、記憶や集中力を高める効果があると言われています。

さらには爽やかで清潔な印象を与えてくれることもあって女性人気が高く、仕事効率が上がるだけでなく、モテにもつながるという一石二鳥の香りなのです。

Santa Maria Novella − Santa Maria Novella
(サンタマリアノヴェッラ − サンタマリアノヴェッラ)

「王妃の水」と呼ばれているサンタマリアノヴェッラ。

約500年以上前、フランスのアンリ2世へ嫁ぐカテリーナのために作られた香水です。

グラスやレモンの爽やかな柑橘類が漂い、徐々に上品にパウダリーに香ります。

歴史を超えた癒しの香りをぜひ堪能してみてください。

Santa Maria Novella − Santa Maria Novellaを見る

シプレ系

シトラス系とウッディ系を組み合わせた香りで、シトラスの爽やかさと同時に、ウッディにより温かさ・落ち着きを感じさせ、華やかさと上品さの両方を兼ね備えています。

誰からも信頼され親しまれるような香りを身にまといたい方におすすめします。

Acqua di Parma – Cedro di Taormina
(アクア ディ パルマ – チェドロ ディ タオルミーナ)


青く煌めく海に面したシチリア島のタオルミーナをテーマに豊かな自然と火山岩にインスパイアされた火と大地と風の香り。

トップはシトラスにプチグレン、バジル。

ミドルはペッパーにアロマティックなラベンダー。

ベースはラブダナム、ペチバー、シダーが作り出す力強く優雅な香りです。

Acqua di Parma – Cedro di Taorminaを見る

フゼア系

オークモス(ウッディ系)、桜の葉に含まれるクマリンを基にした香りです。

ウッディ系の落ち着いた温厚な印象に、ハーブのような渋味・青さが加わり、上流階級の上質なスーツに身を包む男性にもっとも似合う香りと言われることも。

高級・男性的・できる男というキーワードを重視したい方におすすめです。

John Varvatos – Artisan Acqua
(ジョン ヴァルヴェイトス – アルティザン アクア)


新時代のメンズフレグランスの代名詞であるアルティザンシリーズ。

地中海のビーチにインスパアされ、トップのマンダリンやトロピカルフルーツの爽やかな印象に加え、ハーブやラベンダーがアロマティックに漂う若々しいエナジーに満ち溢れた香り。

John Varvatos – Artisan Acquaを見る

【外せない大切なプレゼン】誠実な印象・信頼を寄せる香り

ウッディ系

ウッディ系の香りにはリラックス効果があり、気持ちを穏やかにしてくれます。

さらに、相手には智慧・信頼・落ち着き・誠実といった印象を与えるため、プレゼンの内容が何倍にもまして魅力的に伝わるかも知れません。

外せない大切なプレゼン・クライアントとのミーティング時などに役立ててみてください。

Diptyque – Tam Dao(ディプティック – タムダオ)

トンキンの山々にあるつる植物、木々を運ぶ象たち。

熱帯雨林ジャングル特有のむせかえるような湿気と熱気の中で香り立つ様子をオマージュした香りです。

ローズウッド、サイプレス、アンバーグリス、ゴア サンダルウッドの、フローラルウッディムスクの香り。

Diptyque – Tam Daoを見る

【ここぞというデート、バー・クラブにも最適】思わず惚れちゃう色気漂うちょっとキケンな香り

オリエンタル系

アンバー、バニラ、ムスク、そしてスパイスなどが使われ、温厚ながらもセクシーさを感じさせるミステリアスな香り。

大胆で自信に溢れた大人の男性にこそ似合う、甘くてスパイシーな色気漂う香りで、ムーディーなシーンにピッタリです。

Serge Lutens – Chergui
(セルジュ ルタンス – シェルギイ)

熱く乾燥したモロッコの砂漠の風タバコにハニー、ムスク、インセンス、アンバー、アイリス、ローズ、サンダルウッドが魅惑的で情熱的な香りを演出。

Serge Lutens – Cherguiを見る

スパイシー系

エキゾチックで、野性的な魅力を感じさせる香り。
甘さがないため、荒々しいセクシーさを印象付けてくれます。

L’artisan Parfumeur – Fou D’Absinthe
(ラルチザンパフューム – フーアブサン)

狂気と禁断の夢。

背徳の楽しさ、心の自由体現。

芸術家たちを虜にしてきた禁断のお酒「アブサン」をモチーフにした香水です。

フレッシュスパイシーでありながら底知れぬロマンや魔力と情熱を秘めた香り。

L’artisan Parfumeur – Fou D’Absintheを見る

【映画やドライブなどのデート】きちんと清潔感・男らしさを演出する香り

フゼア系

オークモス(ウッディ系の1つ)やラベンダー、クマリンなどをベースとし、男性香水ならではのエネルギッシュさと落ち着きが感じられる香りです。

Versace – Eros
(ヴェルサーチェ‐エロス)

フレッシュなグリーンアップルにレモンとミント、甘く官能的なバニラとトンカビーン、ゼラニウムがシダー、オークモスと共に恋に新たな息を吹き込む。

情熱的でエネルギッシュな男性のための香水。

Versace – Erosを見る

【合コン・女子受けシーンなら】親しみやすく女性人気の高い香り

シトラス系

オレンジ・ライム・ベルガモットといったフレッシュ・爽やかな柑橘系香りの与える爽やかで誠実そう、それでいて男性らしい力強いイメージは、好感度をグッとあげてくれます。

Acqua Di Parma – Arancia di Capri
(アクア ディ パルマ – アランチャ ディ カプリ)

1916年イタリアのパルマで天然香料だけを使用し生まれました。

マンダリン・ベルガモット・レモンが奏でるさわやかな香り。

Acqua Di Parma – Arancia di Capriを見る

シプレ系

シトラス系×ウッディ系を合わせた香りは、番人に好かれる爽やかさと、落ち着いた上品さを感じさせます。

「爽やかで、できそうな男」といった印象を持たれることでしょう。

Hermes – Terre d’Hermes
(エルメス – テールド エルメス)

大地と空のエネルギッシュで力強い香り森林浴を思わせる澄んだ空気と木々の香りが印象的。
深い癒しと重厚感を漂わせます。

Hermes – Terre d’Hermesを見る

フローラル系

フローラル系って女性向きじゃ?

そんなことはありません。男性用・ユニセックスに調香されたものもあります。

逆に女性に人気の香りだからこそ、フローラル系の香水を付けることで「なんだか心地よい人かも」と注目を集めること確実です。

Santa Maria Novella – Angels of Florence
(サンタマリアノヴェッラ – エンジェルオブフローレンス)

オーデコロンの起源であり、最古の香水と言われているサンタマリアノヴェッラ「王妃の水」。

天然香料をベースにベルガモットを主とする爽やかなシトラス系の香りで、40年前のフロレンスで起きた大洪水の記念日の販売スタートから売れ続ける大ヒット商品です。

Santa Maria Novella – Angels of Florenceを見る

マリン・アクア系

真っ青な海に晴天を感じさせる、エネルギッシュ・爽快感に溢れた香りです。

男性用の香りとして人気を集めていましたが、女性人気も高く、ユニセックスとして使いやすい香りの1つになっています。

女性に好かれる香りを味方に付けて、必然的に好感度アップ?!

Jo Malone – Wood Sage & Sea Salt
(ジョーマローン – ウッド セージ & シーソルト)

朝のビーチでゆったりとした時間を過ごしているかのようなやわらかな香り。海のミネラルやフレッシュなグレープフルーツが混ざり合い、爽やかでありながら甘い夏の記憶を思い出させてくれます。女性だけでなく男性にもさっぱりと香る香水です。

Jo Malone – Wood Sage & Sea Saltを見る

【クラシックなパーティー】華がありながらも男前な香り

フローラル系

フローラル系というと女性のイメージが強く、躊躇してしまう方も多いかもしれません。

ですが、男性用・ユニセックスタイプのフローラル系を選べば、柔らかい華やかさのある男性的な香水に出会えます。

フローラル系をベースとしながらも、ウッディや、オリエンタル、スパイスといった男性的な系統の香りを混ぜ込んだものもあり、パーティーに映える男前を目指せますよ。

Tom Ford – Noir
(トムフォード – ノワール)

男女兼用、ユニセックス香水。女性らしさの代表的と言われるローズなどのフローラルの変わりに、ブラックトリュフやウッド、オークモスなどの男性的な香りがブレンドされ、オリエンタルな香り。

暖かみを感じる品のある香りに仕上がっています。

Tom Ford – Noirを見る

フゼア系

フランス貴族がかつて高級鑑賞植物として愛でていた「シダ」の香りにインスパイアされて生まれた香りです。

貴族・高級・上品・上質といった言葉にピッタリな印象になるため、フォーマルなパーティーシーンに最適です。

Prada – Amber Pour Homme
(プラダ – アンバー プールオム)

マンダリン、ベルガモットが爽やかでありながらパスーツやジャケットスタイルにぴったり。香調はアロマティック・スウィート。

Prada – Amber Pour Hommeを見る

シプレ系

シトラス×ウッディ系の香りを合わせているため、シトラスの爽やかさ、ウッディの上品な印象のある香りです。

親しみやすさと同時に気品を感じさせます。

Acqua di Parma – Essenza di Colonia
(アクア ディ パルマ – コローニア エッセンザ)

https://www.celes-perfume.com/wp-content/uploads/2019/03/acqua-di-parma-essenza-di-colonia-555x367.jpg

グレープフルーツやマンダリンなど爽やかなシトラスから始まりスズランやローズマリーでアロマティックに。

ベースはアーシーなパチョリやオークモスの深みを。

地中海の穏やかな夜の闇をも愛おしく感じるような情緒漂う香りです。

Acqua di Parma – Essenza di Coloniaを見る

【接待ゴルフにも最適】カジュアルながらも爽やかでマナーを感じさせる香り

シトラス系

オレンジ・レモン・グレープフルーツなどフレッシュな香りは、アクティブなシーンにぴったり。

活発で明るく、爽やかな印象は誰の目にも親しみやすく好印象なものになります。

Creed – Selection Verte
(クリード – セレクションベルテ)

大草原の清々しい風と解放感あふれるペパーミントやシトラスの香りに動物的なアンバーグリスが見え隠れします。

レモングラスのような仄かに甘い香りがします。

Creed – Selection Verteを見る

シプレ系

シトラス系にウッディ系の品のある香りで、爽やかさとともに、落ち着いた信頼できそうな人といったイメージにも。

社交の場、ゴルフのシーンにぴったりです。

Byredo – Gypsy Water
(バイレード – ジプシーウォーター)

https://www.celes-perfume.com/wp-content/uploads/2019/02/byredo-gypsy-water-min-555x321.jpg

ジンを思わせるようなピリッとした香りから始まり、時間が経過するにつれ、レモンの爽やかさから包容力のある深い香りに。

これまでの生活に新たな息を吹き込んでくれるかのような香りです。

Byredo – Gypsy Waterを見る

グリーン系

「刈りたての芝生」や「森林の緑」を彷彿とさせるようなクリーンでエネルギッシュな香りです。
晴天のゴルフ日にぴったり、好印象を与えてくれることでしょう。

Penhaligon’s – Juniper Sling
(ペンハリガン – ジュニパー スリング)

ジンのカクテルを彷彿させる遊び心溢れる1品。

クールで快活なフレッシュな香りから始まり、次第に開放的で楽しげな雰囲気を運びます。ジュニパーベリーの爽やかさにスパイスがほのかに効いたシャープな印象です。

Penhaligon’s – Juniper Slingを見る

【何気なく手軽に】オフ時に気軽に使いたい香り

シトラス系

シトラス系の香りは爽やかで老若男女に親しまれる、好き嫌いのあまりない香りです。

また、香りが飛びやすいからこそ程よく香り、ちょっとしたお出かけなど気軽に使いやすいと言えます。

Aux Paradis – Citron
(オゥパラディ – シトロン)

元気で爽やかな柑橘系の香り。

太陽の光をたくさん浴びたベルガモット、オレンジがジャスミンとシダーに相まって、心も体もリラックス。

Aux Paradis – Citronを見る

アクア/マリン系

真っ青な海と空をイメージさせる、爽快感・清涼感たっぷりの香りは、誰にとっても心地よく、エネルギッシュな前向きな気持ちにしてくれるものです。

親しまれやすいという点でも、場所を選ばず気軽に使いやすいです。

Hermes – Terre d’Hermes eau très fraiche
(エルメス – テールド エルメス オートレフレッシュ)

「あなたの背中に横たわって、天の目を見て、地球を感じなさい。」ジャン・クロード・エレナ 地球と空の間の水。 エネルギーと詩の旅。

木、植物、ミネラルを表現したシトラスアクアティックノートを経て、重厚感のあるウッディの香りへ。

Hermes – Terre d’Hermes eau très fraicheを見る

まとめ

シーン別におすすめしたい香りの系統をご紹介しました。

男女で共用できるシトラス・シプレ・フローラルなどの香りは1つ持っていても使用できるシーンが多様なので1つずつ持っていても決して損にはならないでしょう。

本記事でご紹介した香水以外にも選択の肢を広げたいという方は、ぜひcelesセレクトをお役立てください。

プロの香水スタイリストがあなたのライフスタイルやなりたい印象に合わせた、ピッタリの香水(ミニサイズボトル)を5品ピックアップしてお届けします!

香水を味方につけて、ぜひあなたの仕事効率・第一印象・モテ度・できる男度を、今よりももっとグンっと上げてみてください♪

すべての検索結果