イイ女・イイ男度を上げる!香水のシーズン別・目的別付け方まとめ

香水の付け方1つで、香水の香り方・雰囲気・与える印象がまったく違うものになると言っても過言ではありません。

 

もっと香水の魅力を引き出す方法、香水のまとい方、気になりませんか?

 

ここでは香水の付け方を男女別・シーズン別・目的別に分けてご紹介します。

 

______________

■男・女別香水の付け方

 

◇香水を付ける前に抑えたいポイント

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は model-1246028_1920-1024x683.jpg です

その1:外出の30分前に付けよう

 

電車やバスの中で香りをプンプンさせている方も居ますが、上品な香り方とは言えません。

 

「フンワリ、なんとなく良い香りがする」といった感じが男女ともにベストな香り方♪

 

香水は付け始めの香り「トップノート」がもっとも強く香る特性を持つため、香水本来の香りが出てくる「ミドルノート」以降の状態だとほどよい印象になります。

 

トップノートからミドルノートに移行するまでに大体30分かかるので、外出30分前までに香水を付けるのがおすすめです。

 

 

その2:清潔な状態で付ける

 

香水が汗と混じると異臭を発します。

 

香水本来の香りを損なうばかりか、周りの迷惑となりかねないため、必ず清潔な肌に香水を馴染ませましょう。

 

 

その3:香水の適量

 

香水の量は2プッシュまでで十分です。

 

香水の種類によっても香りの強さに差がありますので、どうしても香りが弱いと感じたら3-4プッシュでも問題ありません。

 

香水を付けた状態で外出して、自分の香りが嗅げるのであれば付け過ぎかも…。

 

その場合、1プッシュにすることをおすすめします。

 

 

その4:香水は強くこすってつけない

 

耳の後ろや手首に香水を付けて強くこすり合わせていませんか?

 

だとしたら早速見直しましょう!

 

こすり合わせることはNGとまでは言えませんが、強くこすってしまうと香水の香りの粒が摩擦で潰れて、長持ちしません。

 

 

◇男性編 香水を付ける人気の位置&付け方

 

・ウエスト

 

香水は体温の高い場所に付けると香りやすいです。

 

その特性を生かした場所がウエストなんです。

 

ウエストに1~2プッシュした後に洋服を着れば、洋服の下からでもフンワリと香ります。

 

 

・足首

 

足首の裏側は体温が高く汗をかきにくい場所なので、香りが上にやさしく上り、本来の香りが長持ちしやすいです。

 

香りの感じ方はウエストに付けるよりもより控えめなものとなります。

 

 

◇女性編 香水の付ける人気の位置&付け方

 

・首の後ろ

首の後ろは体温の高い場所なので、香りが上手い具合に分散されやすいです。

 

顔の位置に近いので自分で香水の香りを楽しみたい時にもおすすめ♪

 

髪の毛がなびいた時にフンワリ良い香り…。

 

そんな魅惑的な女性を目指してみませんか?

 

 

・手首

 

手首には血管が脈打っているため、しっかり香らせたい時におすすめ。

 

お食事の席で手首に香水を付けると香りがお料理の邪魔になるので、TPOを踏まえて香水を付ける位置を考えて行きましょう。

・太もも

ふんわりと香らせたい方におすすめ。

 

香りは時間経過とともに下→上へとのぼるため、太ももに付けることで、淡く優しい印象の香りになります。

 

歩くたびにほのかに香るので色っぽくエレガントなイメージになれるかも♪

 

 

■季節によって香りの感じ方が違う!?香水の付け方【シーズン別編】

 

 

◇春

 

比較的乾燥しているため、香りは軽い印象で香ります。

 

お花や草木の香りの他に花粉も舞っていて香りが感じにくい季節なので、少し多めにつけても問題ありません。

 

普段1プッシュなら、1プッシュ+軽く1プッシュにしても良いでしょう。

 

 

◇夏

 

夏はジメジメと湿気が高いため、香りが重く感じられます。

 

体温が高く香りが飛びやすいため、少な目の量を心掛けましょう。

 

体温の高い首もと・耳元・手首・胸元は避けて、太ももや足首、ウエストなどの下半身に付けると良いでしょう。

 

 

◇秋

 

気温・湿度が丁度良いくらいになるので、とくに香水を付ける上での注意事項はありません。

 

夏には暑苦しくて使用できなかったような、ムスク系の強い香りなど重く温かい香りが楽しめる季節なので、香水の衣替えをしてみても良いかも♪

◇冬

外気が乾燥しがちで、体温も低いため香りが感じにくいです。

 

ほんのり香らせたいのであれば、ウエスト・足首などの下半身にいつもより多めの量を付けるか、手首・首・耳元などあえて体温の高い位置に香水を付けると良いでしょう。

 

 

■どんなシーンでもスマートな男性・女性に♪香水の付け方【目的別編】

 

 

◇結婚式

 

結婚式はお食事の席もあるため香水はあまり付けない方が良いと言われています。

 

だからと言って付けたらダメという訳ではありません。

 

お洋服の下からほんのり香りくらいであれば、問題ないのです。

 

膝の裏や、洋服を着る前にウエスト周りに1~2プッシュほどの香水を軽く付けてみましょう。

 

 結婚式で香水をつける場合のマナーについてはこちらをクリック♪

https://www.celes-perfume.com/wedding-and-funeral-perfume/

 

◇お葬式

 

お葬式の香りと言えばお香です。

 

お香にはご家族の故人の死、別れの悲しみを癒し、すべての参列者の心身を清めるとともに、故人を思ってお供えするといった意味合いがあります。

 

香水を付けていくことでそういったお香の意味を無視することになりかねません。

 

また、お香の香りと混じることで気分が悪くなる可能性もあります。

 

こうした意味合いから基本的にはお葬式での香水使用は避けたほうが無難です。

 

「でもどうしても香水を付けたい!」そんな時には、お香と相性の良い和の香りのものを選択すると良いでしょう。

 

お葬式で香水をつける場合のマナーについてはこちらをクリック♪

https://www.celes-perfume.com/wedding-and-funeral-perfume/

 

 

◇お食事の時

 

和食や高級レストランなどでは強い香りはNG。

 

上半身に付けてしまうと料理のにおいを台無しにしてしまうこともあるので、香水を使用するならばウエストや足首などほんのり香る位置に付けましょう。

 

 

◇デート

 

女性であれば髪がなびくたびに香る首の後ろや、彼と手をつないだ時に彼の手に香りが残る爪などに付けるのもおすすめです。

 

男性の場合、香りを強調したいのであれば汗と混じりにくい手首に付けるのがおすすめですよ♪

 

 

◇オフィス・学校

 

オフィスや学校では強い香りは不人気です。

 

男性・女性どちらの場合もフンワリ香る程度を目指したいところです。

職場で香水を付けるメリットについてはこちらをクリックして下さい♡

https://www.celes-perfume.com/5_merit_kosui_shokuba/

 

■香りを長持ちさせるワンポイントアドバイス

 

 

◇保湿をしてから香水を付ける

 

お風呂上りはほとんど誰でも良い香りがしますよね?

 

それは、体が保湿された状態なのでボディソープ等の香りが飛びやすいからです。

 

逆に乾燥した状態の体に香水を付けても、香りは感じにくくなります。

 

香水を付ける際には、香水を振りかける箇所を保湿すると香りが長持ちしやすいですよ♪

 

オイルやワセリンで保湿をしてから香水を使用してみてください。

 

 

◇体に密着する枕やストッキング、下着に香りを染みこませる

 

いつもほのかに良い香りがする友人がいて不思議になって聞いてみたところ、お部屋の色んな場所にコロンを置いているということが判明。

 

その香りが洋服や髪の毛などに移って自然と香っていたという訳なんですね。

 

体に密着する下着・ストッキング・枕などに香りを染みこませておけば長く自然と香る素敵女子・男子になれることでしょう。

 

たとえば、就寝時に香水を枕に1~2プッシュかけることで、就寝時にゆっくりと香りが髪の毛に移り翌朝から自然な香り方を楽しめます。

 

◇香水を付けたコットン・ハンカチなどを身に付ける

 

香水を含ませたコットンを女性の場合は胸元に、男性の場合は香水を含ませたハンカチを胸元のポケットなどに入れることで、他の臭いと混ざることなく香りの持続性が期待できます。

 

______________

 

■まとめ

 

香水の付け方を性別・シーン・季節などに分けてご紹介しました。

 

上手い具合に香りを味方に付ければ、相手に与える第一印象をグンと上げ、良い意味で印象に残る人になれます!

 

お気に入りの香水を上手に活用して、さらなる愛され女子・男子を目指してみてください♪

すべての検索結果