サマーキャンペーン中🌊 5000円以上のご購入で
夏の香水ガチャを1本プレゼント (8月31日まで)
香水のヴィンテージは価値あるの?使って大丈夫? – セレス

香水のヴィンテージは価値あるの?使って大丈夫?

ヤフオクやメルカリなどでシャネル・ゲラン・エルメスなど、一流ブランドのヴィンテージ香水を見かけたことはありませんか?

「実際のところ、何十年も前の香水を使っても大丈夫なの?」「なんでそんなに高値なの?」なんて疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。
また、「ヴィンテージ香水に興味があるけれど、リスクが気になる……」という方もいらっしゃると思います。

この記事では、香水のヴィンテージに価値があるのか、そもそも使えるのか、購入の際の注意点などをご紹介します!

 

 

古い香水は売れる?ヴィンテージ香水ブーム到来?!

ヴィンテージの香水は、現代とは違うブランドの風情を感じさせるものです。
ヴィンテージ香水の良さのひとつは、現在とは違う調香を楽しめること。
たとえば「エスティーローダー スペルバウンド」には、現在はあまり見かけないカーネーションの香りが入っています。
香水ボトルデザインも現在のブランドイメージと違うこともあり、ブランドファンの好奇心をそそるものがあると言えます。

しかしヴィンテージ香水は、当然のことながら市場に出回る量がとても少なくなっています。
さらに保存状態の良いものとなると、需要と供給のバランスから高値で取引されやすいようです。
実際に、シャネル・ゲラン・ランバン・エルメスなどはヴィンテージモデルとして需要が高く、積極的に買取りを行う業者も増えています。

眠っているヴィンテージ香水があれば、ヴィンテージ香水の査定に定評のある買取り業者に見積もってもらったり、ラクマやメルカリなどのサイトで興味のある方に譲ったりするのもいいかもしれませんね。

 

 

そもそもヴィンテージ香水は使って大丈夫?腐敗は?

香水には消費期限・賞味期限というものが設定されていません。
香水はアルコールが80%以上とアルコール濃度が高いため、腐敗しにくいからです。

ですが、基本的には香水本来の調香を楽しむためには、開封済みなら製造日から約1年、未開封なら約3年が目安になります。
ただしボトルの質が良かったり、保管状態が良かったりする香水であれば、未開封で10年以上持つものも。
ヴィンテージ香水を購入する際には保管状況についても確認しておくとともに、次にご紹介する劣化の判断基準も意識したお買い物を心掛けるといいですよ!

 

 

ヴィンテージ 香水の劣化を判断する方法

ヴィンテージ香水が劣化して使えないか、使えるかを判断する基準は

①匂い
②見た目
の2点です。

匂いがこれまでと明らかに違うような場合には劣化が考えられます。
錆びやホコリ、カビのような匂いがする場合は要注意!
見た目については、色が濃くなっているなどの変色はしていても香りは大丈夫な場合は使える可能性が高いです。

まず、半プッシュに満たないほどの少量の香水を前腕部や手首の内側に少しだけ塗ります。
そのまま24時間様子を見てみましょう。
特に問題がなければ、できるだけ早めに使い切りましょう。
香水に沈殿物が見られる際には、まずは振ってみてください。
底にたまった沈殿物が消えるようであれば、成分が結晶化したものなので問題ありません。
振っても消えないようであれば、香水が傷んでいる可能性が高いので使用には十分お気を付けください。

 

 

ヴィンテージ香水の劣化を防ぐ保管方法

購入したヴィンテージ香水を少しでも良くキープするべく、保管方法についておさらいしてみましょう!

 

保管温度は15~25℃。温度変化が少ない場所に

香水は温度変化に弱いです。
取り出すたびに極端な温度の変化が起こる場所に保管するのはやめましょう。
香水の保管に最適な温度は15~25℃と言われているので、ご自宅では地下室のような気温変化が少ない場所での保管がおすすめです。
冷蔵庫やワインセラーに保管されるのもいいでしょう。

 

フタをしっかりと閉めて液体の揮発・酸化を防ぐ

香水がボトル目いっぱいに入っているのが当たり前と思われがちですが、実は香水を海外から輸入した時点で、中身がかなり減っているものも少なくありません。
これは、アルコール成分が揮発してしまうため。
各種ブランドは、揮発を防ぐため香水の容器密閉度を上げるべくビンとフタのネジ合わせ(かんごう)に力を入れていますが、それでも目減りは発生してしまうものです。
また、空気に触れたことで香水の香料が酸化し、劣化してしまうことも。
中身がとてもデリケートだからこそ、香水のフタはきちんと締めて保管しましょう。

 

直射日光や光に当たる場所に保管しない

香水は紫外線に弱いため、直射日光のあたる場所での保管は避けましょう。
また、蛍光灯も微量ながら紫外線を放出しているので、日常生活でライトがよく当たる場所も避けるのがベターです。

 

 

まとめ

ヴィンテージ香水は、保管状態が良ければ10年以上昔のものであっても使える場合もあります。
ご購入の際には、保存状態や匂いや見た目といった劣化の判断を元に、後悔のないお買い物をしてくださいね。

香水の通販ショップCelesでは、ヴィンテージものはございませんが、ハイブランド・メゾンフレグランスを中心とした限定モデルの香水も多く取り揃えています。
大の香水好きの方にも香水初心者の方にもお楽しみいただける800種以上の香水ラインナップとサービスを提案しておりますので、ぜひご活用いただけますと幸いです!

 

 

banner myselect

 

すべての検索結果