大感謝キャンペーン🎉 プレミア会員は全ての香水が20%OFF
非会員の方も10%OFF!(5月31日まで)
きつくならない!香水のつけ方とつけ直しのタイミング – セレス

きつくならない!香水のつけ方とつけ直しのタイミング

出かける前につけた香水の香りはどのくらい持続するものなのでしょうか?

せっかくつけたのに、時間経過とともに香水の香りを楽しめなくなるのは残念ですよね。

今回の記事では、Celesのプロの香水スタイリストが、香水のつけ直しに最適なタイミングの見極め方や香水をつける場所、つけ直しに向いている香水をつける箇所についてご紹介します。

香水の香りを長く楽しみたい方必見です!

 

 

香水をつけ直す頻度は?タイミングはいつ?

香水をつけ直す頻度・タイミングを見極めるポイントは次の2つです!

 

“香水の種類”がつけ直す頻度の目安になる

香水の種類によって、香りの持続時間の目安が変わります。

  • パルファム … 5~12時間
  • オーデパルファム(EDP) …  約5時間
  • オーデトワレ(EDT) …  約2〜5時間
  • オーデコロン(EDC) …  約1〜2時間

パルファムは香りの濃度が高く、1滴でもしっかりと香ります。しかし、あまり出回っておらず、種類も多くはありません。

市場で販売される香水のほとんどはオーデパルファムかオーデトワレです。

そのため、一般的な香水であれば、つけた4~5時間後につけ直すのがおすすめです。

1日1回を目安につけ直しのタイミングを考えるといいでしょう。

 

香りの系統によっても頻度・タイミングが変わる

ただし、一口にオーデトワレといっても、香りの系統によって持続性に違いが出てきます。

たとえば、オリエンタル系やグルマン系、レザー・ムスク系、スパイス系など、比較的香りが強めのフレグランスは香り方が強く持続性も高いです。

こういった香水では、5時間ごとのつけ直しだと香りが強くなりすぎてしまう可能性も。

逆に、シトラス系のフレグランスは香りが飛びやすいため、アイテムによってはつけ直しの間隔を短めにしても問題のないものもあります。

 

 

香水のつけ直しにはアトマイザーが便利

香水をボトルごと持ち運ぶのは、かさばってしまううえ液漏れも心配です。

つけ直し用の香水は、持ち運び容器のアトマイザーに入れて持ち運ぶと便利ですよ。

ネット香水専門店Celesでは、すべての香水を使い切りサイズのアトマイザーに入れてお届けしています。

お好きな容量から購入できる量り売りや、プロの香水スタイリストが希望をお伺いしておすすめをご提案するサービスもございますので、ぜひご活用ください。

少量から気軽に購入したい方から大好評です!

 

 

香水をつけ直す場所はどこが最適?

香水のつけ直しはどこですればいいのでしょうか。オフィス・学校別にご紹介します!

 

オフィスの場合

職場でつけ直しをしたいときは、お化粧直しのついでに化粧室でという方が多いです。

オフィスのお化粧室に香りが残ってしまうのが気になるようであれば、昼食に出かける際など、人気のない場所でサッと香水をつけるといいでしょう。

オフィスから出る際に大きな荷物を持ちたくないという方は、ポケットサイズのアトマイザーがあると便利です。

 

学校の場合

学生の方は、香水をつけていることを先生や周りに知られたくないという方も多いのではないでしょうか?

ですが、そうはいっても香りは楽しみたいですよね。休み時間に香水をつけ直すとなると、「つけてすぐは強く香りすぎるんじゃないか」など心配かもしれません。

学校での香水のつけ直しであれば、量は半プッシュほど。腰や背中にプッシュするといいでしょう。

 

 

香水をつけ直す際のポイント・注意点

香水をつけ直す際には、最初につけた箇所に重ねないように少し離すか、他の部位につけるようにします。

フレグランスは時間とともにトップ・ミドル・ラストと香りの表情が変わるのが魅力です。同じ箇所に重ねてしまうと、せっかくデザインされた香り方を崩してしまいかねません。

また、同じ箇所につけると嗅覚が慣れてしまっているため、強さの強弱がわかりにくくなり、つけすぎになることもあります。

つけ直しの量は最初につけたときの半分くらいだとちょうどいいです。

たとえば、朝ウエストに2プッシュした場合は、反対側のウエストあるいは足首などに1プッシュ分をつけてみてください。

香りの強さが気になる際には、上半身ではなく下半身(ウエスト・膝の裏・足首)に香水をつけると、下からふんわりと香ります。

脇の下や足の裏、うなじなど汗をかきやすい場所だと汗と混じってしまうため、必ず避けるようにしましょう。

 

 

つけ直さずに香水の持続性を高める工夫でカバーするのも◎

シャワーなどで体を清潔にしてから香水をつけることも、香りの持続性アップに繋がります。

また、乾燥したお肌につけると香りが飛びやすいため、体を清潔にしてから無香料の保湿剤を使って肌にうるおいを与え、その上から香水をつけましょう。

香水のつけ直し頻度を改善したいときにお役立てください。

 

 

まとめ

今回は香水をつけ直す効果的なタイミングについてご紹介しました。

香りに慣れすぎて自分では匂いを感じない場合もあるので、つけすぎには十分注意してくださいね。

TPOに相応しいかどうかも考えて、食事の前などの香水のつけ直しは控えた方がいいかもしれません。

ご紹介した香りを長持ちさせるコツも参考に、香水を一層楽しんでいただけたら幸いです!

 

banner myselect

すべての検索結果