コロンと香水の違いって何? 持続性は?(答え:違いはそんなにないです!)

 

オーデ・パフューム・トワレ・オードトワレ・オーデコロン・フレグランスなど香水の種類にも色々あって、「一体どれを選べばよいの?」と疑問の方や、何が違うのか分からずに選んでしまっているという方も多いのではないでしょうか。

 

3つ香りの強さやには一般的には持続時間に違いがありますが、ブランドや香りのタイプ(柑橘系や甘い系の香り等)によっても大きく違うので、コロンだと言って持続性が弱いとは言えません。

 

ここではセレスのプロの香水スタイリストがコロンと香水の違いを説明します。

 

______________

 

■コロンと香水の違い

 

 

コロンと香水は違うもののように話されておりますが、コロンは香水の1種です。

 

そして、海外ではよく「コロン」=「メンズ香水」と分類されて言われる場合が多いですが決してそういうわけではございません。(恐らく、コロンは一般的に香りが弱いのでメンズが付けても問題ないユニセックスの香りが多く、そういう言葉が根付いたかもしれません)

 

香水の表記にEDPやEDTなんて表記を見かけたことはありませんか?

 

実はこの表記、「香料の濃度」を示し、香水の成分の中で香りの元となる成分がどのくらい占めているのかを示しています。

 

香水はこの濃度の中でも一番薄い香水の種類であって、香水とは違うものではございません。

 

香水を段階別に分けると次のようになります。

 

・パルファム(略称P)

 

濃度25%以上。

 

1日中ほど香りが持続するほどです。

 

ただ現在では高額なことと服を洗っても香りが持続してしまうこともあり、あまりに強すぎる香りから販売数は少なくなっています。

 

・オー・デ・パルファム(略称EDP)

 

香りの完成度はパルファムに引けを取りませんが、濃度10~15%で持続時間は5~7時

間前後が一般的となっております。

 

パーティーなど、華やかなシーンで活躍されると言われております。

 

・オー・ド・トワレ(略称EDT)

 

香水の中で、もっともメジャーで人気の高いものです。

 

濃度は5~10%で、3~4時間香りが持続すると言われます。

 

一般的にはソフトな香りなのでオフィスやちょっとした外出時などに気軽に使用しやすいタイプと言われております。

 

・オー・デ・コロン(略称EDC)

 

コロンとして販売されているタイプです。

 

濃度1~5%で、一般的には持続時間は2時間程度と言われます。

 

 

■コロンだからと言って持続性が悪いとは言えない!

 

コロンは香りが飛びやすいので、気分転換を兼ねて使用する方法がおすすめとも言われております。

 

しかし、コロンでも香りの種類やブランドによって持続性が違うのもあり、薬事法によって香水の分類が定められている訳ではないので、香水メーカーが独自に本来オー・デ・コロンになるべきものを、オー・ド・トワレと分類しているケースもあります。

 

例えばジョーマローンの香水などは香りとしてはあっさりしてシンプルな香りでコロンらしいですが、持続性が5~7時間ほどあるものもあり、オーデトワレと分類されていてもおかしくはないと考えます。

 

 

■香りの系統でも香りの持続性は変わる

 

オーデパルファムやオーデトワレやコロンの香水のタイプだけではなく、香りの種類によっても香水の持続性は大きく変わります。

 

例えばイタリアのサンタマリアノヴェッラの多くの香水はコロンですが、サンタマリアノヴェッラのタバコトスカーナはウッディでタバコの香料が入っており、コロンの中でも濃厚な香り立ちで、オーデトワレとほぼ変わらないほどの持続性です。

 

しかし、同じサンタマリアノヴェッラのポプリはコロンですが、柑橘系でハーブ系の香りなので持続性が弱く感じられます。

 

もちろん、ブランドにもよりますが、香りの種類としては一番強くてウッディ・オリエンタル系➡フルーティー系(バニラやベリーなどの甘い香り)➡フローラル系(ローズ等のお花系)➡柑橘系となります。

 

■まとめ

 

 

香水とコロンの違いをご紹介しました。

 

自分の気分転換のためオフィスでも使えるやさしい香り立ちの香水が欲しいから、コロンというだけで買ってしまうと、香りが強いかも…と思われるかもしれませんので、香りの種類等も考えて香水を購入した方がいいでしょう。

 

一番無難なのは一旦その香水を買う前に自分の肌でためしてみることです。

 

販売店で買うのであれば、その場ですぐ香水を買うのではなく、一旦肌で試してみて一日その香水の持続性と香りの変化を確認し、相性を確かめてから買いましょう。

 

セレスでは500種類以上の香水の中から好きな容量を選び少量から購入できるので、じっくり香水との相性を確かめることができます。大きいボトルを買う前にお試しサイズで香水を試してみたいと思う方へお勧めできるサービスです。

 

banner myselect

 

すべての検索結果